男が「うぁー浮気してー!」と衝動的に感じてしまう3つのキッカケとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

恋愛中は心配事や不安なことが増えやすいものです。その中でも女性にとっていちばん気になるのが、「彼は私を愛してくれているの?」「本当は他の人のことも好きなのかも?」という、“男性の浮気心”ではないでしょうか。

許せない浮気ですが、浮気する男性にもそれなりの理由があるはず。それが何なのかわかれば、少しは不安も解消できますよね。

そこで今回は、離婚回避クオリティ・オブ・ライフ研究所代表で夫婦間コミュニケーターの中村はるみさんに、男性が浮気したくなる3大キッカケを聞いてみました。

 

1:女性が尽くし過ぎるとき

「理不尽と思うかもしれませんが、女性が男性に尽くし過ぎるのはNGなのです。都合のよい女になり、刺激も感謝も薄れます。

人はどんなことにも無意識に理由付けをします。尽くされると最初は“自分は愛されているからだ”と喜びますが、尽くされ過ぎると次第に“自分に価値があり、相手に価値がないから相手はあんなに尽くすのだ”と理由付けをします。

“俺にはもっと俺に釣り合う女性がいるはずだ”“価値の低い女に縛られたくない”と思い、男性は“価値のあるかもしれない”と感じる他の女性に目が行くのですね。

あなたが彼に尽くし過ぎることは、あなた自身の価値を低くすることです。男性が浮気をするキッカケは、今の彼女の価値を低く算定したときです」

男ってやはりワガママですね。あなたの価値を低く見る人との恋愛を続けるのか……。という部分も考えどころではないかと思います。

 

2:会いたいときに会えないとき

「男性は会いたいときに会えないと、そばにいる女性でその淋しさを埋めようとします。ですから遠距離恋愛は破局になることが多いです。単身赴任もよく浮気の話を聞きますネ。

男性が浮気をするキッカケは、淋しさを身近なモノで埋めようとするときです。この傾向が強いのが、淋しがり屋のくせに強がる肉食系男子です。淋しいと身近な女性を開拓し、一時的恋愛相手を探します。淋しがり屋の特徴に母性本能を刺激される女性も多いです。

では、いつも男性にスケジュールを合わせればいいかというと、合わせ過ぎはNGです。男性はそばにいてくれる女性に惹かれているわけではなく、自分の淋しさを埋めてくれるものを求めているだけなのです。だから、簡単に手に入る女は一時だけの遊び相手、都合のよい女となることが多いです」

草食系男子が増えていると言われる中、数少ない肉食系男子を捕まえたと思ったら「浮気された……」なんて悲劇です。コントロールの難しい点ですが、相手の欲求を叶えつつ、少し物足りないという感覚を相手に植え付ければ、男にとって追いかけたくなる女性になれるかもしれません。

 

3:女性にコントロールされ過ぎと感じるとき

「女性は“愛する人をよりよくしよう”と内助の功を発揮します。また、“靴はそろえよう”“洋服は脱ぎっぱなしにしない”“部屋を片付ける”“電気を消す”などと小言をいい、自分は正しいと男性の生活をただそうとします。つまり、教育ママになるのですね。

男性は母親ではなく、女性と結婚したのです。女性が教育的面を男性に見せると、男性は無意識に口うるさい母親と今の恋人を結びつけ、恋人に教育ママ像を張りつけ、逃れたくなるのです。すると他に女性を求めます。

男性が浮気をするキッカケは、恋人に教育ママ的要素を感じたときです」

男にとっては、「せっかく自立して母親の小言から逃れたと思ったら、ここにも煩い奴がいる」という気持ちになるのでしょう。外では弱みを見せられないのが男社会なので、家の中では最低限の甘えは許してあげた方が心休まる場所を作ってあげられそうですね。

あなたは、この3つのタイプに当てはまりませんでしたか? もし「ヤバイかも」と感じたら、少し彼との付き合い方を見直してみるといいかもしれません。この3つに気をつけながら、浮気の心配をしないラブラブカップルを目指してみてくださいね!

 

【関連記事】

出会いがないと嘆くあなたに朗報!理想の相手に出会える仕組みが判明

恋には臆病だけどxxには積極的!「肉食化女子」の意外な事実とは

やっぱりこれがモテの基本!「モテる女性が実行している簡単なコト」3つ

「わがままな女!」と嫌われずに男性に上手に欲求を伝える方法3つ

ちょっと一手間!男性に喜ばれるプレゼントの渡し方はコレ

 

【取材協力】

※ 中村はるみ・・・離婚回避クオリティ・オブ・ライフ研究所。代表/夫婦間コミュニケーター。夫心と妻心の通訳者。1級心理分析士。男女性差を応用し夫婦再恋愛、夫婦間コミュニケーションと夫主体の子育てで、離婚回避、離婚予防、夫婦円満のコンサルタント。女性自身で夫力の採点、2013年~某政党新聞の夫婦円満コラムを連載。セミナー講演会で活躍中。HPは「離婚stop!結婚しても、子どもがいても、夫に愛され上手は愛させ上手で、甘え上手で夫婦円満、離婚回避」。facebookは「中村はるみ」「仕事も結婚も、家庭も上手くいかせるカッコ可愛い女集まれ!」。