悩める彼に教えてあげたい!「ハゲ」にまつわる小ネタまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

外見のコンプレックスは多々あれど、やはり、年齢ともに男性が意識しだすのは、“毛髪”に関する悩みではないでしょうか? 「彼が薄毛に悩んでいる」「本人は知らないみたいけど、最近、彼の頭頂部が少しさみしくなってきた」と、パートナーの頭部が気になっている方も多いことでしょう。

そこで今回は、過去に『Menjoy!』で掲載された記事から、“薄毛・ハゲ”にまつわる小ネタをピックアップしてご紹介したいと思います。悩める彼や旦那様をもつ女性は必読です!

 

■1:若ハゲにジャンクフードは厳禁!

ハゲ・デブ・口臭…夫が別人のように劣化するのを防ぐ方法【前編】

管理栄養士で、日本抗加齢医学会認定指導師である伊達友美氏の著書『夜中にラーメンを食べても太らない技術』を参考に、薄毛が気になる方は摂らないほうがよい食品が紹介されています。

なんでも、“質の悪い油”の摂り過ぎで皮脂の過剰分泌を起こし、若ハゲになってしまうそう。そのため“質の悪い油”が含まれている、カップ麺やファーストフード、菓子パンは禁物。「旦那様がジャンクフード好き」なら止めたほうがいいかも!?

 

■2:食べるなら“モズク”!

「●●でハゲる」説はウソ?ホント?薄毛の都市伝説10個【前編】

薄毛治療の専門医・佐藤明男氏の著書『なぜグリーン車にはハゲが多いのか』を参考に、薄毛に関する都市伝説が紹介されています。この記事によると、よく“海藻が毛髪にいい”といわれますが、必ずしも、海藻で毛髪が増えるわけではないそう。

ただし、モズクに含まれるフコイダンという成分には、育毛作用があるそうです。彼の毛髪が気になるなら、食卓に加えてみては。

 

■3:脱毛に効果がある医薬品2種類

希望の光は2つしかない!? 脱毛症を解決する意外なモノ

アメリカのニュースサイトを参照に、男性型脱毛症に効果があるといわれている医薬品が紹介されています。その名も『ミノキシジル』と『フィナステリド』。現在のところ、FDA(米国連邦食品医薬品局)の認可を受けている医薬品は、このたった2種類しかないのだとか……。

 

以上、男性の“ハゲ”に関する『Menjoy!』の記事をまとめてプレイバックしましたが、いかがでしたか? 小ネタとして、悩める彼や旦那様に教えあげてはいかがでしょう。

また、頭頂部にセンシティブになっている彼をうっかり傷つけてしまわぬよう、「ナイーブなハゲ男性に“絶対言ってはいけない言葉”10個」もあわせてチェックしてみてくださいね。

 

【関連記事】

「ナイーブなハゲ男性に“絶対言ってはいけない言葉”10個」

なんと「毛深いハゲにはハゲ薬が効きやすい」ことが明らかになる

上司はどのタイプ?「薄毛の気にし方」でわかる性格診断

「●●でハゲる」説はウソ?ホント?薄毛の都市伝説10個【後編】

 

【画像】

by danbri