> > 愛する彼氏に本気でドン引きした瞬間12パターン【後編】

おすすめ記事一覧

愛する彼氏に本気でドン引きした瞬間12パターン【後編】

2011/05/10 19:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

女性が彼氏にドン引きする瞬間って……!?

昨日の【前編】に引き続き、今日はその続きをお届けします。

 

■7:知らないところで怪しい行動をしている

・彼氏の運転する車に乗っていたとき、彼の携帯にメールが来た。友達のメールだから読み上げて欲しい、と言われたのでメールを開いて読みあげると「オッケー」と返事を打って欲しいと頼まれた。最初の「お」を打ったところ、予測変換リストに「お漏らし」「オナニー」「オナペット」「おっぱい」「オーガズム」等エロ変換しか出てこなかった。普段は淡泊な人だったので、ギャップに引きまくって冷めてしまった。こんなことで冷めてしまう自分は薄情だと思うが、そんな用途にばかり使っている携帯を無防備に彼女に触らすなよ……。

知りたくなかった彼の隠された一面を知り、ショックを受けてしまう女性も。そういった一面、特に男性には隠されたエロ生活があるのだと思いますが、やはりここは隠し通してほしいものですね。また『“おれもハメ撮り好きだよ”、と彼から間違いメールが送られてきた』などの例も。ここまでドン引きする内容の浮気の場合は、嫉妬を通り越し、いきなり冷めるということになりかねません。

 

■8:店員などに偉そうな態度をとる

・私がコンビニとかで店員に「ありがとう」と言ったり頭を下げたりするのをやたら否定する彼氏。ネチネチしつこすぎるんで「それって“給食費払ってるんだから、うちの子に『ごちそうさま』なんて言わせないで!”って言う人ぽい」と言ったら「あー、確かに言わなくていいよな」と言われた時。

これは昔からNG行動の代名詞的によく言われているパターンですが、『客』であるということを振りかざし、お店の店員さんやタクシーの運転手さんなどに傍若無人な態度をとる男性がまだまだいるようです。

店員さんへの威圧的な態度=かっこよさと履き違えているんでしょうか。こういった男性に、実は一番かっこ悪い態度を晒してしまっているんだと気づいてもらうのは難しいようですね。いくら彼女には紳士的で優しくても、店員さんへの偉そうなタメ口ひとつで一気に萎えるという女性は想像以上に多いのではないでしょうか。

 

■9:恩着せがましい

・私は喘息もちで、彼は喫煙者。私はそばでタバコを吸われるとセキが止まらなくなるから一緒にいる時は離れた場所で吸ってほしいと言ったら快く了承してくれてホッとした。そこまでは普通の流れだったんだけど、しばらくして彼が「○○(私)のために禁煙する!!」と言い出した。私は自分のそばで吸わなければどちらでもいいけど、吸わないに越したことはないと思い頑張ってねと言った。

そして数日後、彼と電話している時にタバコを吐く息の音が聞こえたので、「あ、禁煙やめたんだ」と聞いたら「おまえに禁煙の苦しみがわかるのか!? 俺はおまえのために禁煙しようとしたのに!!」といきなり大激怒。思考回路のナルシスト一人相撲っぷりになんだか疲れて冷めた。

「○○のためにやってあげた」という恩着せがましい行動をとられるうちに、感謝ではなく、逆にその行為を迷惑に感じる感情が芽生えてしまうことってありませんか?

その人の『器の小ささ』を無意識に感じ取ってしまう言葉ですよね。上記例のように、自分が決めたことなのに恩着せがましく感謝されたがったうえ、失敗したときはその人のせいにする、そんな身勝手さに嫌気がさすのも当然なのかも。

 

■10:ロマンティックの方向性が中2

・こいつが本命でお前は浮気相手って言われた。ちなみにこいつってのはベース。
しかも名前つけてる。私と会わない日は一日中弾いてるらしい。

「こいつは指でやさしく責めればセクシーな声を出して、道具でガシガシ責めれば最高の声であえぐ」
……即冷めた。

男はロマンティック、女は現実的、なんてことはよく言われていますが、実際に稚拙な中2病的ロマンティックさにゲンナリしてしまう女性がとてもたくさんいました。女性がもっと大人になれば、そんな男性の中2思考を可愛いと愛でることができるのかもしれませんが……。まだお互いに若いと、彼女の中で中2ワクチンが完成しておらず、嫌悪する結果になってしまうようです。

また以下のような中2病炸裂なポエムメールをもらい、ドン引きする例も。

・件名が『TELL ME』、本文は『さっき別れたばかりなのに、今すでにあなたのことが恋しい。あなたの残り香に胸をときめかせ、椅子に残った体温に寂しさを感じ、雨もないのに頬を雫がつたうのです。この雫は、空気に溶け、あなたの元に届きましたでしょうか』とかナンタラカンタラ。

その後、ポエ夢度を増すメールを受信する数と比例して冷めた。色々なポエ夢メールを貰ったが、最後のメールの件名が「why…?」だったのには、申し訳ないが笑わせてもらった。

中2病はふたりの愛を引き裂くという症状までもっていたのですね。

 

■11:自分勝手な性欲

・優しくて好きだった彼氏がファミレスで「今、フェラチオされたらすごく興奮する」、「メニューに隠せば見えないから!」と言ってきたのが何か月か続いた時。

冗談だと思ってたのに、勃ったちんこをメニューで隠して見せて来て「ほら…」と言って来たときにびっくりして、ガバッとメニュー取りあげて「警察呼ぶぞ」と低い声で言って帰った。帰り道ものすごく泣いたなぁ。

若い頃の男性は性欲に支配された結果、女性の想像を超える思考回路になってしまうことがよくありますが、愛する彼女に上記例のようなことをするのはさすがにありえないですよね。これは愛じゃなく、性対象としてのみの関係だとアピールしてるも同然です。

どんなに性欲に支配されようと、『愛』と『性欲』に境界をもってほしいと女性は願うもの。性欲丸出しで来られれば、普通の女性は引いてしまうのが当然かと思います。

若いうちに身勝手な性欲全開の男性とばかりつきあい、男性不審に陥ってしまう女性はたくさんいます。いくら好きでもいやなことはいやと言える関係に。

 

■12:コンプレックスを共有できない

・8歳年上の彼氏。人間的に尊敬できる人で、本当に夢中だった。
ただ彼はこれでもかってくらいSEXに弱く、小さい・早い・柔らかいの三拍子。指一本半くらいの太さしかないし、入れたら2分くらい(しかも動かすと出ちゃうらしくて動かさない)、3回に1回くらいは立たないから、途中で急にやめられて放置。
でも私は全然嫌じゃなかったんだけど、相手がそのことについて一切の話を避けてる(一度口にしたら無視された)ことに疲れ果てた。軽く「ごめん今日は無理だった」とか言ってくれれば楽なのに……。

とにかく毎回毎回、SEXのたびに恐ろしい緊張感。発表会とか試合みたいな空気。一瞬ごとに、ああ神様失敗しませんように、と祈るようなorz 精神的にもたなかったよ。

うーん、これは難しい問題ですね。コンプレックス、しかも性的なものがかかわってくると、たとえ恋人でも、いや恋人だからこそ共有できなくなってしまう気持ちも理解できます。

彼もつらい、彼女もつらい、ともにつらい関係ですよね。解決法はやはりコンプレックスをもっているほうがきっかけをつかむまで、じっくりと待つことしかできないのだと思います。

 

以上12パターン、いかがでしたか?

男性視点、女性視点をトータルで振り返ってみると、男性が女性に、そして女性が男性に求めているものの全貌が見える気がします。

男性の草食化だの、女性の男性化だのいろいろ言われている世の中ですが、こうしてみると結局男性は女性には女性らしさを、女性は男性には男性らしさを求めていることがよくわかります。

いくら社会が変わろうと、男であり、そして女であるという本能までは変わらないというのが実情なのではないでしょうか。

 

【逆バージョン:彼女にドン引きした瞬間】

愛する彼女に本気でドン引きした瞬間12パターン【前編】

愛する彼女に本気でドン引きした瞬間12パターン【後編】

 

【参考】

※ てんこもり。/【生活】百年の恋も冷めた瞬間!24~25年目

※ てんこもり。/【生活】百年の恋も冷めた瞬間!27・28年目

※ てんこもり。/【生活】百年の恋も冷めた瞬間!30~31年目

※ てんこもり。/【生活】百年の恋も冷めた瞬間!32~33年目

※ てんこもり。/【生活】百年の恋も冷めた瞬間!39~42年目

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'吉田奈美'の過去記事一覧