さすがに人間終了?「女として終わってる」と思った瞬間【LEVEL6~10編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

前回に引き続き、今回は『女として終わった』度のさらに高いLEVEL6~10をお届けします。これを読むと、自称・女捨て人でも、「私はさすがにここまでではないわ」と安心できるかもしれません。それではどーぞ!

 

■LEVEL6:肉体がおっさん化

・枕から父親の枕と同じ匂いがする。

自分が男だったらと想定すると、加齢臭のする女性を愛せる自信がありません。これは女として終わったと思うのも納得です。ほかにも肉体が“おやじ化”の例として、「セールス電話に出たとき『旦那さまは普段お車をどのくらい運転しますか?』とおっさん認定された」「痰がからむようになってきた」「後ろから話しかけてきた子どもに『おじさん、おじさん』と呼びかけられた」など、おっさん女が続々と世に誕生しつつある模様。おそろしや。

また「寝転んで野球見ながらビール片手にトウモロコシと枝豆食べてた自分を窓ガラスの反射で見た時」など、行動までおっさん化する女子が出没中。

 

■LEVEL7:セクハラし始める

・可愛い後輩(男)にナチュラルに「裸が見たい」とか言ってしまった時。徹夜であたまおかしくなってたんだよチクショー\(^O^)/

・男女が密集してる車内で近くの女性(美人)が私が女だからか、男性を避けてこちらにくっついてる時が何かこうちょっと嬉しい。

セクハラといえば男性のイメージですが、精神的な“女セクハラ”な思考回路をしてしまうことで、女終了の鐘を鳴らす女子の報告がいっぱい! 女であるのにも関わらず、若くてかわいい女の子にニマニマしちゃうっていう感情はわからないでもないですが、自分も女であることを思い出し、ほどほどに。

 

■LEVEL8:清潔さにこだわらなくなり始める

・会社のトイレで、私が便器に座った途端、「パワー消臭」機能ランプが点滅して作動し始める。

上記例は笑ってしまいますが、清潔を放棄した例で代表的なのは「お風呂に滅多に入らなくなる」「同じ下着を3日連続履き続けた」「髪の毛を限界まで洗わずそのニオイを嗅ぐのが病みつきに」など、女終了というより人間終了の合図になりがち。女を捨てるのは自由ですが、まわりに不快な思いをさせたり迷惑をかけたりするのはいただけません。

 

■LEVEL9:エロさがエゲつなくなってくる

・YouTubeで馬の交尾シーンを見続け、気づいたら一日が終わっていた時

・外でカラスがリズムよく、「カア、カア、カア、カア……」と鳴き続けてて、AV女優の喘ぎ声みたいでエロいな、とふと思ったまさにその瞬間。

女でも“エロ”に興味がないといえばウソになりますが、一般の男性でもなかなかやらないエゲつないエロを探究する姿勢は、女放棄行動といえるでしょう。

ほかにも、「クリスマスイブに秘宝館にひとりで出かけた」「無料エロ動画サイトがブックマークに入っている。好きなジャンルは“時間ストップもの”、“男女入れ替えもの”、“女教師童貞食いもの”!」など、男性には知らせたくないアグレッシブなエロライフを満喫する女性がかなりの数いるようです。

 

■LEVEL10:凄まじい不潔さ

・ナプキンをトイレ以外の場所で換えて、その使用済みナプキンを無意識に部屋に放置してしまって大変なことになったとき。
・ずっと干してなかった敷き布団から、謎の白い小さな虫が大量発生したとき。

LEVEL8の不潔さがさらに進み、ネタとしても笑えない領域の凄まじい汚部屋住人ともなれば、どんなに絶世の美女だろうとも、女として受け付けないという男性がほとんどでは? これは女がどうこうというより、人間としてのラインをも打ち破る破壊力です。

外ではそれなりにオシャレで清潔な人でも、実は家に帰ったら……というパターンが多いようです。人間って奥深い生き物ですね。

 

さて、前回ご紹介したものも含め、LEVEL1~10が出揃いましたが、あなたはどのLEVELまで許容範囲でしたか? また「実は私LEVEL9女です」などの申告も、facebookやTwitterからお待ちしています!

 

【参考】

※ 女として終わったと思った瞬間30

※ 女として終わった瞬間:アルファモザイクだった

※ 女として終わったと思った瞬間

※ 女として終わったと思う瞬間:喪ゲ女

※ 女として終わったと思った瞬間28:2chまとめぴーぺ

※ 女として終わった喪女

※ 女として終わったと思う瞬間8:なまけちゃんねる