こんな女は一気に幻滅!男が「気になる女性をパスする瞬間」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

気になる男性が現れたとき、「なんだか気になるけど、どんな人なんだろう?」と探る時期ってありますよね。それは男性も同じです。あなたに出会ったあと、興味があれば、彼はあなたのことを調べ始めるはず。

そんな時にあなたなら、どんな方法で相手の内面を見極めますか? そして、どんな人だったら“パス”しちゃいますか?

あなたがそうやって“パス”するのと同じように、男性もあなたをどこかで調べて“パス”しているかもしれません。それってかなり怖いですよね。

そこで今回は、ウェブサイト『恋愛偏差値向上会』の管理人、ストロベリー武蔵さんに、“男が気になる女性をパスする瞬間”について聞いてみました。

 

1:ブログやSNSでやたらと自己愛な女

「気になる女の子のブログやSNSを覗きに行った時に、男がイッキに冷めるのがモデルや芸能人もどきのブログをしている女性です。

“今日のコーデ(ハート)”みたいなタイトルで、姿見の鏡に映っているモデル立ちした自分の姿をスマホで撮影し、ブログやSNSに投稿している女性を見かけます。“行きつけの美容院の美容師さんとパチリ”みたな写真を投稿してたり、ネイルサロンでネイルを新しくした時など、自分の手と顔のどアップの写真を投稿してたり。

芸能人やモデルならなんとなく理解できるのですが、一般の人がやっているとなんというか……痛いです。これでイッキに冷めている男性は意外と多いです。“せっかくいい子だと思っていたのに、“あっち側”の人だったんだ……”って、男は冷めてしまうのです」

自分アピールが強すぎる女性だと、男性は引いていることが多いようですね。SNSなどの利用が当たり前になっていますが、自分から開示する内容には注意が必要そうです。

 

2:さほど仲良くないのにいきなり重たい話をする女

「知り合って間もなく、さほど仲が良いわけでもないのに、離婚や流産、家族との事など、ヘビーな悲しい過去の話をしてくる女性がいます。

“同情をされる事で気をひこうとしているのか?”“本当の自分を見せることで、相手にも心を開いてほしいのか?”どちらかだとは思うのですが、それを受け止め切れるだけの心の準備ができているわけもなく、即、的確なアドバイスができるわけもなく……ただ、ただ、ドン引きしてしまいます。

いわゆる“重い女”としか思えなくなるわけです」

少しだけ自分の過去の話を打ち明ければ、仲が進展するかも……という考えは間違いかもしれません。もし打ち明け話をするとしても、寂しい話や悲しい話は控えましょう。

せっかく話す機会を見つけたなら、「私、引っ張ってくれる男の人が好きなんだよねぇ」など、自分の好みの男性の話をするほうがいいでしょう。

 

3:身の回りの物が全てブランド物な女

「ブランド物を沢山持つ=セレブという思考なのかもしれませんが男はカバンや小物に無頓着な分、そういった物に過剰にお金をかける女性を敬遠しがちです。

将来的に付き合ったら、お金がかかりそう等のイメージも敬遠する理由にもなるのですが、なによりも、ブランド物を沢山持つ=セレブという貧弱な思考がダサく感じます。デートの際に相手の女性が全身ブランド物で固めていると、“ブランドじゃないのはあなた自身だけですね。”と思わず言いたくなります」

女性は、友だち同士で同じものを持っていると安心します。ブランドも同じ。失敗しないものを選んだ結果、似たようなブランド物になってしまうこともありますよね。

男性から見れば、それはお金のかかる女というイメージになりかねません。ブランドではなく、自分の個性で勝負することも重要なのですね。

 

いかがでしょう? あなたは、男性から“パス”される可能性のある行動を取っていませんでしたか? もし、ドキッっとするモノがある場合は、今からでもいいので方向転換を。

男性の目は色々な場所で光っています。「あの人いいかも」と思ってもらえても、別の部分ではじかれてしまうのは悲しすぎます。男性の心を知って、恋愛まで発展する関係を築きましょう!

 

【関連記事】

大流行の「スムージーダイエット」まだ試してない人っている!?

今から準備!新社会人が職場ビューで失敗しないコツ

仲人の9割が薦める「理想と違う相手とのお見合い」その2大メリットとは?

つい無意識に目が…男性が好きな女性にやりがちな本能的アクション2つ

どこからアウト?男性と女性では「浮気のラインが異なる」と発覚

 

【取材協力】

※ ストロベリー武蔵・・・自信のモテなかった過去とその克服から、独学で心理学等を学び、2010年よりWEBとメールマガジンで、男性が世の女性と上手に付き合うための恋愛テクニックや知識を伝授し始める。メールマガジンの購読者は3万人を超える。HPは「恋愛偏差値向上会」