勘違い母性はウザい!男が「一緒にいて疲れない女性」の特徴3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

男性との長い付き合いを続けたいなら、お互いに疲れない相手がいいですよね。“自然体でいても安心できる場所が彼の横”なんて理想を持っている人も多いのではないでしょうか?

でも、女性がいくら一緒にいたいといっても、男性は束縛を嫌う人が多いです。距離感を間違えると、相手に重たいと思われてしまいますよね。

そこで今回は、医師であり、恋愛コンサルタントの志摩純一氏に“男が一緒にいて疲れない女性の特徴”を聞いてみました。

 

1:男性側のテンポにも合わせようと努力してくれる

「男性が気を遣って女性のテンポに合わせようとしている時に、女性側も男性に合わせようと努力してくれている様子が感じ取れると、男性はとても嬉しく感じるものです」

恋愛は男女平等です。どちらか一方が相手に合わせるのはフェアじゃないですよね。時には自分の“会いたくて寂しい気持ち”を抑えて我慢する必要もあるかもしれません。

そんな我慢をみたら、きっと男性も“自分のことを大切にしてくれる女性”として認めてくれますね。

 

2:考え方にブレがない

「よほど経済的にも時間的にも余裕のある男性でない限り、女性のワガママな気まぐれにふりまわされるのはまっぴらごめん。最初はかわいいと思ってもやがて厄介と感じるようになります。

また、ブレがない生き方をしている女性との将来なら考えても良いという男性は少なくありません」

ワガママがかわいいのは最初のうちだけ、というのをしっかり心に刻み付けましょう。すべてを相手の言うとおりにするわけではなく、自分の考えもしっかり持った女性が好まれるようです。かわいさだけでは長い時間の交際は難しいですよ!

 

3:悪い母性を感じさせない

「彼を褒めて励ます良い母性愛だけで付き合うべきです。ガミガミと細かいことを指摘したり、ダメだしばかりしたりすると、記憶の中の母親に対する苦手な部分だけが思い出され、やがてあなたとオーバーラップして嫌悪される原因になります」

女性は相手の男性に母性を感じることが多いですが、その気持ちの扱い方にも注意が必要なようです。プラスのことはOKですが、「○○は持った?」とか「いつも服が脱ぎっぱし!」など、お小言はやめにしましょう。あなたが一瞬で面倒な女性になる瞬間です。

 

いかがでしたでしょうか? あなたは男性を疲れさせず、リラックスさせられる女性でいますか? 

もし少しでも思い当たった点があるなら、今後はなるべく相手を疲れさせない女性になれるように心がけてみるといいかもしれませんよ!

 

【関連記事】

それだけでいいの!? 最も簡単で誰にでもできる効果的なボディタッチの方法

あるある!男性がついやってしまう「好きな女性へのちょっとウザい行動」3つ

どうせ行くなら効率的に!出会いの場として「成功率が高い」のはアソコ

これでダメ男とおさらば!パターン別「ダメンズスパイラル」から脱出する方法

なんでいつもダメ男と?「ダメンズスパイラル」にはまる女性の3パターン

 

【取材協力】

※ 志摩純一・・・広島県生まれ、医師。恋愛コンサルタント。“一生懸命に恋する女性たちを心から応援する”を目的に活躍中。中学時代からユネスコ女性人権問題に取り組み医師として男性の身勝手な性、本能や本質によって心身ともに深い傷を負った女性たちを救いたいと長年思い続け、古今東西膨大な書籍を読破し、25年以上にわたり研究をしてきた。著書に『大好きな彼をかならず手に入れる恋愛の極意』(中経出版)『彼の本音を見抜いて永遠に愛される女性になる方法』(廣済堂出版)がある。HPは『幸運体質研究所』

 

【画像】

by jochan