彼の言葉で涙目、なあなたに読んでほしい「モラハラ対策法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

モラルハラスメント(以下モラハラ)(※1)については、以前『優しいのは今だけ?モラハラ男を見分ける7つのポイント』でご紹介した通り、自己愛性人格障害が原因とされています。ところが、私が個人的に複数のモラハラ被害者の方に話を伺うと「どうも私の彼(夫)は自己愛性人格と違うような気がするんだけど」と言われることがたびたびありました。

その人達の話を細かく聞いているうちに、あるひとつの特徴的なものが浮かび上がってきたので、今回はそれについての詳しい説明と対策をご紹介いたします。その特徴の名前は、『受動攻撃性人格』です。(※2)

 

■受動攻撃性人格とは

別名、拒絶性人格とも呼ばれ、表立たない阻害・引き伸ばし・強情さ・非能率性が特徴的ですが、これらは潜在的な攻撃性が受け身の形で表現されたものとされています。

私たちは子どものころ、親に「宿題やったの?」と聞かれて「やるよ」と応えたものの、やりたくなくてグズグズと引き伸ばした経験があるかと思います。大人になって、グズグズとした態度を取るのは実に子どもっぽいのですが、『受動攻撃性人格』の場合、ありとあらゆる方面で自分のやるべき事をやらずに引き伸ばし、結果として相手に迷惑を掛ける形で攻撃してくるので気づいたときには被害が大きく、取り返しの付かない事態になっていることがあります。

 

■私たちもついやっちゃう“受動攻撃的”な態度

受動攻撃という言葉は聞きなれないと思いますが、結構私たちもやっていることが多いのです。例えば、相手に対して怒っていることや不快に思っていること、また、してほしいことなどを遠まわしに表現することはありませんか?

例えば、彼がデートに遅刻して必死に謝っているにも関わらず「私はアナタをここでもう何十分も待ってたのよ! 時間を無駄にしたじゃない、どうしてくれるの?」と、言葉もしく言葉には出さず態度でネチネチと責め続けるようなことです。自分が迷惑を掛けられた、被害に遭った立場を利用して相手を攻撃するのですが、これは防衛機制(※3)といって、自分の心の安全を守るための行動なので、悪いことではないのです。

 

■人を常に操作しようとすることが問題

受動攻撃性人格に限らず、モラハラの問題は自分の目的を果たすために常に不当に他人を操作し利用することにあります。受動攻撃性人格によるモラハラは、自己愛性人格のように直接攻撃はありません。その代わり、相手に何かしたわけでもないのに常に被害者の立場で物事を進めてくるので、いつの間にか悪者に仕立て上げられていることがあります。

例えば、あなたは彼の気持ちややりたいことが知りたいのに、「キミはどうしたいの?」と聞いてきたことはありませんか? 自分がどうしたいかを言わずに全部あなたに「〇〇したい(相手の望む答え)」と言わされたことはありませんか? それでうまくいかなかったら「キミが〇〇したいと言ったじゃないか」と怒られたことはありませんか?

これこそが、受動攻撃性人格によるモラハラなのです。自分と相手の意見は違って当然なのですが、受動攻撃性人格の人はそれをなかなか認めず、正面から意見がぶつかるのを避けるためにこのような行動を取るのです。一見相手を気遣うようにも見えるため、周囲からは「あんなに優しい人なのにわがままじゃないの?」と誤解されることも少なくありません。

 

■そんな彼にはどうすればいい?

彼がそういうタイプだと気づいたら、常に明瞭な方法で彼に気持ちを伝えるようにするのがベストだと思います。これは、周囲に対する誤解を招かないためにも必要なことです。そして、彼との会話では『オウム返し』(※4)を多用するのもいいでしょう。オウム返しは、相手の気持ちをより明確し、理解を深めるための会話術で、バックトラッキングとも言われます。それでもうまくいかない、彼と付き合うのに疲れてしまったなら、自分自身のために別れるのもひとつです。

 

いかがでしたか? あなたの周りにもこういう人が潜んでいるかもしれません。もし、このような人に遭遇したら、まずは自分の主張ははっきり言葉に出すようにしましょう。それが、被害を受けない第一歩になります。

 

【参考】

※1. モラルハラスメント-Wikipedia

※2. 人格障害:精神疾患:メルクマニュアル18版 日本語版

※3. 防衛機制 CSカウンセリング東京

※4. バックトラッキング|NLP学び方ガイド|一般財団法人 日本NLP協会 監修公式サイト