化粧じゃなく仮装だろ!男もドン引き「一緒に歩きたくない残念メイク」3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

衝撃的な“半顔メイク”とまではいかなくても、多くの女性は日々のメイクに奮闘しているはず。でも、張り切りすぎて、いつの間にか、男性に「隣を歩きたくない」と思われる“残念顔”になっていることもあるんです……。

今回は、gooランキングの「男子ドン引き!女子の残念なメイク」を参考に、思わず男性が恋愛対象から外したくなる“残念メイク”3つをご紹介します。

 

 ■1:顔の色と首の色が違う

「色白、美白はモテる」と考えている女性は多いでしょう。けれど、首の色に比べて、顔が極端に白いというのは逆効果! 首から上をどこかから取ってつけたような不自然な印象です。魅力的に見せるためには、肌の色に合ったファンデーションが必須。

季節によっては日焼けで肌の色が変わることもあります。夏用と冬用を分けるなどして、常に肌の色にあったファンデーションを使用することが大切です。

 

■2:つけまつげが不自然

瞳を大きく見せるために やりがちなのは目の形やラインにあっていない“つけまつげ”の使用。「ボリュームがあればいい」というものではありません。さまざまな形や質のつけまつげがあるからこそ、自分の瞳に合ったものをチョイスをしたいもの。

また、長時間つけていると、ノリとともにつけまつげがはがれてしまうことも。はがれたりズレたりしていると、「何もしないほうがマシ……」な、残念な状態になるのでご注意を!

 

■3:グロスがテカテカすぎる

ぷるっとした潤いのある唇は、女性ならではの色気を演出するもの。とはいえ、グロスの塗りすぎはアウト! あまりにもこってり塗りすぎると「天ぷらでも食べたの……?」と聞きたくなるような、テカテカとした下品な仕上がりになってしまいますよ。

「人食い花か何かに食われるんじゃないか?」なんて、ゾゾゾ~っと男子に怖がられること間違いナシです。

 

白く透き通った肌や大きな瞳、潤いある唇など、求める理想があるのかもしれませんが、何事もやりすぎは禁物。ひとつだけでも破壊力抜群ですが、ときどき全部アウトな“残念メイク”さんもチラホラ……。

あなたを魅力的に見せるも見せないも、すべてはメイク次第。自分にあったメイク、何よりT.P.O.に合ったメイクでモテを目指しましょう。

  

【関連記事】

これで男性ホイホイ!女性の魅力度を簡単にアップさせられる方法が判明

それやると大失敗!男性に違和感を与えるNGメイクのポイント6つ

マジすか…今年のブーム?「どうやらネイル男子が増えている」らしい

女性顔負け!エステもスキンケアもこなす「美容系男子」が気にするアソコ

重点ケアすべき!男に「かわいい顔」と思わせる決定的ポイント4つ

 

【参考】

男子ドン引き!女子の残念なメイク – gooランキング

 

【画像】

By  jura-photography