> > 肉食女子は必見!焼肉デートで嫌われる4パターン

おすすめ記事一覧

肉食女子は必見!焼肉デートで嫌われる4パターン

2011/06/06 20:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

いわゆる肉食女子であるかどうかに限らず、焼肉が好きという女性は多いのではないでしょうか。焼肉は、あまり堅苦しいマナーを気にせずに食べられるのが魅力ですよね。

でも、決まったマナーがないからといって、あまり自己流すぎると同席者に不快感を与えてしまうことも……。そこで、当記事では焼肉デートで嫌われるパターンを4つご紹介します。(※1)

 

■パターン1:食べきれないほどの注文をする

焼肉屋のメニューを見ていると目移りしてしまい、ついあれもこれもと注文したくなってしまいますよね。でも、思いつくままに注文していると、序盤はハイペースで箸がすすむものの、徐々に腹がふくれてきて、雲行きがあやしくなってきます。せっかくの極上カルビも「誰だよ、調子のって5人前も注文したやつは……」なんて争いの種になりかねません。

さらに、「残すともったいない!」という気持ちが強く働くと、どんなに満腹であっても肉を詰め込み、結局、焼肉デートは何とも後味の悪いものとなってしまいます。

焼肉屋での注文は、「ちょっと足りないかな?」と思うくらいの量が望ましいです。本当に足りなければ、あとで追加注文するようにしましょう。

 

■パターン2:どんどん肉や野菜を焼く

何でもてきぱき片付けないと気が済まないのか、テーブルに届いた肉や野菜をかたっぱしから鉄板に乗せてしまうのも焼き肉デートではNG。

鉄板上の食材には、意外と早く火が通ります。どんなにハイペースで食べても食べても追いつかず、いつの間にか肉や野菜が消し炭のようになってしまうのは残念。注文と同様、鉄板に乗せる量も少しずつにしましょう。

 

■パターン3:順番を考えずに肉を焼く

男性のなかには、焼肉にこだわり・美学を持っている人がいます。彼らには、「焼肉はこの順序で食べるのがうまい」という確固たる信念があるのです。

焼肉デートでは自分の判断で肉を焼かず、念のため「どれからいく?」と彼氏の意向を尋ねてみるほうがいいでしょう。もし、「何でもいいよ」というなら、あなたの判断でOKです。一方、彼にこだわりがあるなら、それを尊重してあげましょう。

ちなみに、全国焼肉協会によれば、まずはタン塩、次にカルビ、その後にモツ類・内臓というように、あっさりめから徐々に濃い方向というのがおすすめの順序とのことです。(※2)

 

■パターン4:焼く順番や焼き方、食べ方に文句を言う

パターン3とは逆に、あなたのほうにこだわりがある場合、彼氏の焼く順番などにケチをつけるのはNG。どんなにおいしい料理でも、文句を言われながらだと、食欲が半減してしまいますよね。

彼氏の焼き方を見て「それちがうよー!」と内心悲鳴をあげたくなっても、非難・説教するような言い方はぐっとこらえて。焼肉初心者の彼には、「こういう食べ方をするとおいしいんだよ」と、さりげなく教えてあげましょう。

 

いかがでしたか? 上の4つのパターンに当てはまるものがなかったでしょうか。上の4つのパターンをしっかりおさえて、楽しい焼肉デートを過ごしてくださいね。

 

【参考】

※1. 気になる焼肉のマナー、許せない行為は「ペースを考えずにどんどん焼く」。-Naritani.com

※2. 焼き肉にもマナーってあるの?-エキサイトニュース

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'中田綾美'の過去記事一覧