浜田ブリトニー嬢に聞く「オタクな男のコ」の生態と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

アニメや漫画、ゲームの世界を飛び越え、今や日常的に目にするようになってきた『萌えキャラ』。キャラクターのおまけ付き商品がコンビニでバカ売れするのは当たり前、地域経済にも大いに貢献(※1)。そんなニュースまでも目にするようになってきました。

とはいえ、その『萌えキャラ』自体をこよなく愛してしまう『オタクの男のコ』には、限りなく近よりがたい……。そう考える女性も多いのではないでしょうか。

そんな『萌え』や『オタク』にまつわる“ビジネスの裏側”を解き明かす、『漫画でわかる萌えビジネス』(※2)という漫画ビジネス書が発売され、話題になっています。著者は、あの渋谷系ギャル漫画家・浜田ブリトニーさん。

『萌え』とは真逆のイメージがあるギャルの目に、『萌え』とその関係者はどう映るのでしょうか。さっそくブリトニーさんに直撃取材をしてきました。

 

■『萌え修行』で見えてくる『オタクの男のコ』の心理

「本に出てくる、ギャル仲間で集まってアニメ上映会やった時の話とか、アタシがアニメイトやコミケで出て行くと人がさーっと引いていくっていう話は、ガチなんですよ。マジで。ホントあのまんまなんですよ」と笑うブリトニーさん。

『萌え修行』と称してアニメショップの店員をしてみたり、コミケに行くなど『萌え』の世界に身を投じて、「オタクの男のコがなぜ『萌え』に夢中になるのか?」を解き明かしてみたという彼女の体験談から、オタクの男のコの生態なう。が見えてきました!

 

「女であればオタクでもギャルでも、2次元とリアルは『それはそれ』と分けて考えられるし、キャラに共感することはあっても、キャラの誰かになっちゃう感じにはならないのに、オタクの男のコはちょっと違うんですよね。なんかその『作品の世界に住んじゃってるみたい』なところがあるんですよ。それと、女のコってオタクでも、女のコ同士でいる時はオシャレだったりするじゃないですか? 可愛い女のコと友達になってプリ撮ったりしたいし。でもオタクの男のコはそういう感覚ないですよね。

しかも! 『スタイルよくてセクシーでラムちゃんみたいなコ』がウケるのかと思ってたら、最近は『けいおん!』みたいに、女の子がわいわい集まってて、ただまったりしているストーリーが好まれるみたいです。まあ、ドロドロ恋愛ものも中にはあるけど、最後に殺しちゃうとかいう突き抜けたもの以外はウケないみたいで、男が出てこなくってもいいし、恋愛もなくていい、みたいな。女のコ的には絶対に恋愛が必要ですよね?  リアルでも少女漫画でもボーイズラブでも。でもそういうの、いらないって言う男のコたちがいて。それがすごい不思議」

 

家に疲れて帰ってきて見るのは、人間関係が濃く出る男女関係の物語ではなく、『けいおん!』など、大好きな『萌えキャラ』がたくさん出てきてまったりしているアニメ。『オタクの男のコ』は一日の最後にその世界に入り込んで心を癒し、明日への活力を蓄えているのかも知れませんね。

事実、『けいおん!』のBDの売り上げはなんと累計50万枚にも及ぶとか。AKB48やKARAのDVDの売上累計枚数を遙かに上回る(!)のです。それだけでも『けいおん!』に癒やしを求めるファンがかなりいることがわかります。(※3)(※4)

 

■『隠れオタク男性』の増加

『萌えフィギュア』、『萌えパチンコ&パチスロ』、さらには『萌えたくあん』や『萌え米』なんて商品まであることや、それがどれだけ売れているのかまで、著書の中では克明に描かれています。

ここで不思議に感じられるのが、こんなに『萌え』商品が溢れているのに、それを買う『オタクの男のコ』を、実際に見かける機会が少ないこと。テレビに出演しているようなオタ芸が得意でネルシャツを着て……って典型的なオタク像の男性が、周りにたんまりおります!って女性は、そうそう多くはないのではないでしょうか。東京・秋葉原や大阪・日本橋ならまだしも……そんな疑問をブリトニーさんに投げかけてみると、

 

「オタクって本当に最近すごく増えてますよ。フツーの格好のフツーの男子が、実は『萌え』大好きだったりするんですよ。友達の、女のコのキャッチをやってる20代前半の男の子の家に遊びに行ったら、萌えキャラの抱き枕がフツーにベッドにおいてあって。もう全然見かけじゃわかんないですよ。みんなオシャレしてるし」

ということは、およそオタクと結びつかないような見た目の男性でも、たんまりオタク的性質を持ってるってこと!?

「ギャルに友達が多いから、その彼氏って男のコと遊ぶこともよくあるんだけど、それこそ高校生から20代半ばまで年齢はいろいろ、彼らを観察してる限り、25歳くらいまでは結構オープンで、オタクだってことを隠さないですね。そこから上になると隠すようになる。見た感じも全然わかんないから隠してて実は……って人、多いと思う」(ブリ)

 

これだけいろいろな『萌え』が世の中にたくさんあると言うことは、ビジネスとして成功している証拠。それは、『萌えビジネス』の成功=『オタクの男のコ』の増加、と言えますから、すごくオシャレで素敵な男性でも、つきあい始めてみたら『隠れオタク』だった!という可能性も当然あるわけです。ちょっとオタクのサラリーマンが主人公の漫画『ぼく、オタリーマン。』は、まさにそのいい例。『オタクの男のコ』たちの共感を呼び、アニメ化もされているほど。(※5)

ぱっと見た感じでは分からないけれど『オタククラスタ』な男性は、意外と多いのかもしれません。

 

■『萌えキャラ好きの男性』と長くつきあうための秘訣

いいなと思っていた男性が、萌えキャラに入れ込み、グッズやフィギュアを買い、アニメやギャルゲーにはまっていたりしていると知ったら、戸惑う……どころかガクガクブルブルな精神状態に陥ってしまう女性も多いかも知れません。

「でもオタクな男のコってみんな優しい! すごく優しいんですよ。好きになったら一途だし」(ブリ)

そう、萌えキャラに入れ込むのと同じように、好きになった女性にはとことん惚れ込むのがオタク気質の男性。そんな男性と長く交際し、こちらを「大切にさせる」には、ある秘訣があるんだそうです。

 

「自分の趣味だから、入れ込んでいるオタク的物語を否定されたくないんですよ。マジで傷つきやすくてデリケート! だからちゃんと話を聞いてるよってアピールするために、ちゃんとうなずいたり、オウム返ししながら聞いてあげたりするのはすごく大事。(※6)あとは『相手の理想の自分』でいてあげることかな。意外とコミケ行くとコスプレの人たちとかすごくて楽しいですよ。いや、ギャルにはわかんないことも多いですけど(笑)」(ブリ)

 

好きになった男性が、たまたま『オタク持ち』だったら?  彼のことが好きなのであれば、まずは相手を知ることが大切なのは、戦争でも同じです。情報を制する者が世界を制する。

まったくわからないことの多い『萌え』の現状と、そのビジネスの中身までもがとても読みやすく描かれている浜田ブリトニー著『漫画でわかる萌えビジネス』、必読です!

 

【参考】

※1. 萌えタクシー:人気コミック「苺ましまろ」の美少女キャラが車体に 浜松市に登場

※2. 浜田ブリトニー(2011)『浜田ブリトニーの 漫画でわかる萌えビジネス』 小学館

※3. 「けいおん!」シリーズのBDの売上が累計50万枚突破

※4. KARAのDVDがオリコン1位……韓国「日本の『KARA愛』はすごい」

※5. 「ぼく、オタリーマン。」-wikipedia

※6. セミナーで受けたことは、実はメイド喫茶で学んでいたことだった。