> > 露出度低めなのに男性ウケ抜群「隠れモテ服」着こなしNG・正解3パターン

おすすめ記事一覧

露出度低めなのに男性ウケ抜群「隠れモテ服」着こなしNG・正解3パターン

2014/02/25 12:00  by   | 男性心理

春が近づくと、気温が上がるとともに少しずつ露出度も高くなってくるもの。『Menjoy!』ではこれまでに、程よく肌が見えるファッションは、若々しく見え、男性からの好感度も高いということを、何度となくお伝えしてきました。

「でも、足が太いし……」「ぽっこりお腹が気になる」というお悩みを抱え、挑戦できずに悶々としている方も多いでしょう。

しかし、実は肌の露出が限りなく低いファッションでも、男性からの好感度が高い服があるのです! 今回は、知る人ぞ知るそんな隠れモテ服というべきファッションを、スタイリストの筆者がご紹介いたします。

 

■1:ロングスカート

隠れモテ服のひとつ、“ロングスカート”。ただし、ここでいうロングスカートは、メルヘンな甘い雰囲気漂う、ボリュームたっぷりロングスカートではありません。だからといって完全筒型シルエット、つまりは昔ながらのロングスカートのようなデザインもNG。

ヒップラインはタイトなシルエットながら足元にかけてはボリュームのある、ちょっぴりセクシーなラインを描くロングスカート。これが、隠れモテ服なのですよ。

 

■2:マキシワンピース

続いて“マキシワンピース”。上から下まで全身体が泳いでしまうようなゆったりしたシルエットはもちろんのこと、肌見せが限りなく0パーセントに近いのはNGです。

程よく体の線が出るシルエットながら、程よく肌見せもあることが条件。この2つを外さず選びましょうね。

 

■3:ざっくりローゲージニット

最後は“ざっくりローゲージニット”。ローゲージニットとは、太い糸で編んだニットのことです。カジュアルな印象が強いだけに、ボーダー柄のような、柄そのものもカジュアルな印象が多いローゲージニット。しかしながらそういった系統は隠れモテ服としてはNG。

デザインがフェミニンな印象のものが条件。デザインは限りなくシンプルで、色はモテ色鉄板の白や柄のない無地がおすすめです。

 

意外や意外なモテ服をご紹介しました。これら隠れモテ服の共通点は“女性らしさ”“清楚さ”がほんのり漂うということ。このポイントを大切に、自分に合ったこれらのモテ服開拓してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 無意識に選ぶ初デートの服装でわかる!脈アリ/脈ナシの深層心理

痩せたのに「太った?」と彼に言われてしまう女性のNGファッション4つ

いくら美人でも!一瞬で男に嫌われる女性の見た目NG3つ

失敗できない!テーマパークでのデートで避けるべきヘア&ファッション4つ

※ 20~40代未婚男性が考えている「自分の恋愛アピールポイント」5つ

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'高田空人衣'の過去記事一覧