惚れさせたいなら!シャイな人でも使える「たった1つ」のアプローチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

肉食女子なんて言葉が流行ったものの、なかなか女性からアプローチなんてできないものですよね。1年に1度の告白チャンスだったバレンタインも終わってしまい、今となっては、遠くから見つめるだけの日々に逆戻り。

そんなシャイなあなたでも、意中の相手を落とすために、今すぐできることがあるのです。その、たった1つのアプローチを、海外の心理学情報サイト『Psychologia』を参考にご紹介します。

初対面でも使えるこの簡単な方法をマスターすれば、“一目惚れ”を演出することも可能になるかもしれませんよ!

 

■ヒトが恋を感じるメカニズム

ヒトは恋に落ちたときにフェネチルアミンという物質を分泌します。このフェネチルアミン、別名・恋愛ホルモンとよばれたりしますが、恋をしたときの高揚感や錯覚を促す物質と言われ、恋愛の初期段階に大量に分泌されることが知られています。

逆に言えば、気になるカレにフェネチルアミンを分泌させることができれば、あなたに惚れさせる可能性があがるということです。

「そんなことができるの?」と思うかもしれません。が、今回お伝えするアプローチによって、カレの恋愛ホルモンは刺激されてしまうのです!

 

■ “一目惚れ”のトリガーをついに解明

1989年に、恋愛ホルモン“フェネチルアミン”に関して、興味深い研究が行われました。この研究が明らかにしたのは、たとえ初めて会うようなヒトとでも、あることをすると、恋を感じる物質が出てしまうということなのです。

その行為とは、見つめ合うこと。ただ、それだけです。

実験では、およそ2分間見つめ合うことが求められたのですが、その2分の間にフェネチルアミンという物質が分泌されることが明らかになりました。

つまり、気になるカレと見つめ合うだけで、カレはドキドキしてしまい、あなたと恋に落ちてしまうというわけです。おしゃべりをするのが苦手なあなたでも、カレが話をしているときに、ジッと目を見つめ続けるだけでいいわけです。

 

「目は口ほどにものを言う」ということわざもありますが、恋愛においてアイコンタクトはとても大事だったんですね。早速今日から、好きなヒトと見つめ合ってみませんか。

 

【関連記事】

※ やはり目ヂカラで勝負!「瞳の大きな女性ほどモテる」科学的な理由

※ なぜ美人でもない女がモテるのか?その理由は瞳にあった 

※ カラコンを使うなら「青い瞳より茶色い瞳のほうがいい」と研究で判明

※ アイメイクは無駄なの!? 美人のカギは「白目」だと判明

※ カリスマJK直伝!最強のアイメイクに必要なマストアイテム3つ

 

【参考】

※ The Power of Eye Contact – Make Someone Fall in Love With You! – Psychologia