要注意?「危険な男は●●色好き」調査で判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

shutterstock_114679051

あなたの彼氏が好きな色は、何色ですか?

以前『Menjoy!』では、「赤=女の子の色はウソ!“男らしい男性ほど赤を好む”と判明」という記事のなかで、男性ホルモンである“テストステロン”の高い男性ほど青色よりも赤色を好み、赤を攻撃や支配の象徴としてとらえていることを紹介しました。

つまり、男らしい男性ほど赤を好むということなのですが、この男性の赤色好き。じつは要注意だということが、ノース・ダコタ州立大学の研究チームによってあきらかになりました。

一体どういうことか、詳しく見ていきましょう。

 

■赤色好きは怒りっぽい?

研究チームが、大学生376名を対象に、色と感情に関する調査をおこないました。具体的には、赤と青どちらが好きかという質問と、性格を調べる質問をおこない、それらの関係を分析しました。

研究によると、赤色が好きなひとほど心理的に怒りの状態にあることがわかりました。そして、赤色が好きなひとは青色が好きなひとに比べて、誰かを傷つける可能性が高いこともわかったんです。

 

■最近、彼が赤い物身につけていたら……

たしかに、以前に紹介した記事でも、赤を攻撃や支配の象徴としてとらえていました。攻撃的なひとほど赤を好むということが、ここでも証明されたわけです。

赤色好きは、恒常的な性格のみならず、そのときの怒りの心理状態をあらわしていることも考えられます。

最近、彼氏が赤い色の服ばかり着ていたり、赤い物を身につけることが多くなったりしていると感じるのであれば、要注意。何かに対して怒っているのかもしれません。「最近、何かあったの?」と優しくたずねてあげましょう。

もし、気になる男性が異様に赤色好きだった場合、怒りっぽい性格かもしれませんので、付き合う前にささいなことでキレないかチェックしたほうがいいかもしれませんね。

 

いかがでしたか。赤色好きの男性は、テストステロンが多い傾向があるので一見男らしく見えるかもしれません。しかし、内側に怒りと攻撃性を秘めている可能性があるので注意も必要です。

色彩心理学という学問もあり、色はひとの心理状態や性格をあらわすといいます。必ず正しいというわけでもありませんが、好きな色を聞いてみて、彼氏との関係の参考にするといいかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ ピンクの男は●●!なんと「着ているシャツの色で男性の性格がわかる」と判明

※ アイメイクは無駄なの!? 美人のカギは「白目」だと判明

※ 無意識に選ぶ初デートの服装でわかる!脈アリ/脈ナシの深層心理

※ 恋愛カウンセラー直伝!男が離れられなくなっちゃう「いいオンナ」の条件4つ

 

【参考】

※ Extending Color Psychology to the Personality Realm: Interpersonal Hostility Varies by Red Preferences and Perceptual Biases – Adam K. Fetterman, Tianwei Liu and Michael D. Robinson