> > 食費対策!春の食材で「冷めてもオイシイお弁当のおかず」5選

おすすめ記事一覧

食費対策!春の食材で「冷めてもオイシイお弁当のおかず」5選

2014/03/31 18:00  by   | 男性心理

旦那さまのランチはお弁当派? それとも外食派でしょうか? 

2014年4月からついに消費税が5%から8%へとアップしますが、仮に平日のランチ代が1,000円だとすると、1カ月で30円×20日=600円、1年では7,200円もの出費になってしまいますよね。毎日外食しないとしても、やはりムダな出費は抑えたいもの。

さらに、2015年10月には、消費税10%に上がる予定とか……。頭の痛い話ですね。家計を考慮するなら、外食派は今がお弁当への切り替え時ですよ!

そこで今回は、『gooランキング』の「冷めてもおいしいお弁当のおかずランキング」をもとに、栄養価が高く、値段もお手頃な旬の食材を使った“冷めてもおいしいお弁当のおかず”5つをご紹介します! 旦那さまのランチはもちろん、彼とのピクニックデートにおすすめです。

 

■1:きんぴらごぼう

秋冬のイメージが強いごぼうですが、春には香り豊かな“新ごぼう”が出回ります。ごぼうには風邪予防が期待できるポリフェノールが豊富。送別会や歓迎会などで不健康な食事が増え、体調を崩しやすくなる春、旦那さまや彼の体を気遣うならおすすめの1品です。

 

■2:アスパラベーコン巻き

4、5月が旬のアスパラガス使った人気メニュー。ついつい茶色や黄色にかたよりがちなお弁当も、ピンクと緑色のアスパラベーコン巻きひとつで華やかになりますよね。簡単に作れるので、「あと1品ほしい!」というときにもお役立ち。

 

■3:春巻き

揚げたてはカリカリジューシー、冷めても皮がしんなりとして甘みと旨みが増すのが魅力の春巻き。メイン食材のたけのこやしいたけ、ニラは春が旬です。「作ったことない」という方は、今のうちにぜひマスターを。

 

■4:焼き魚

お弁当のメインになる焼き魚は、和風でいただくのはもちろん、マヨネーズやオイル系など、洋風にアレンジしても楽しめます。真鯛や、さわらなど、春が旬の魚を入れてみてはいかがでしょう。

 

■5:餃子

がっつり食べたい男性の胃袋をつかむならコレ。具にはキャベツ、しいたけ、たけのこ、ニラなど、食物繊維を豊富に含んだ春の野菜をたっぷり入れましょう。

旬の食材は栄養価も高く、値段もお手頃。家計はもちろん、健康面からも、季節の食材を使わない手はありません。何より、栄養たっぷりのおいしいお弁当は、旦那さまとの愛情を深めるはずですよ。

 

【関連記事】

ドキドキする時期を過ぎても…男性が彼女や奥さんと惚れ直す瞬間1位は?

彼の「もう1品つくれる?」リクエストに余裕で対応できる簡単レシピ2種

脱メシマズ彼女!超不器用でも胃袋を掴めるレシピ3ステップ

愛の長続きは胃袋から!彼をきっちり喜ばせるお弁当の作り方

男の胃袋をつかみたいとき絶対に作ってはいけないNG料理5つ

 

【参考】

冷めてもおいしいお弁当のおかずランキング – gooランキング

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'黒井まりこ'の過去記事一覧