> > 式なんてだるーい?カップルの半数が「挙式ナシ婚」を選ぶホントの理由

おすすめ記事一覧

式なんてだるーい?カップルの半数が「挙式ナシ婚」を選ぶホントの理由

2014/04/15 18:00  by   | 結婚

純白のドレスに身を包み、満面の笑みを浮かべる花嫁。私もいつか着るんだ!と憧れた経験は誰しもあるはず。でも、ウェディングドレスに憧れる時代はもう古いのでしょうか? 

実は、婚姻件数約67万組(厚生労働省2012年調査)に対し、結婚式件数は35万組(経済産業省2005年調査)。なんと、入籍者のおよそ半数が結婚式をしていないことが予想されています。

花嫁姿を見せて、一緒にバージンロードを歩くのが親孝行じゃなかったの? 一体なぜ……? 

そこで今回はみんなのウェディングが実施した「ナシ婚調査2014」から、結婚しても式を挙げない“ナシ婚”流行の理由を探っていきます。

 

■1位:経済的事情(29.3%)

ナシ婚を選ぶ理由のトップは経済的事情。昨年の調査と比較すると9.0ポイント増加しています。

<家を購入することを優先したため、式・披露宴をする資金がなかったので(福岡 29歳 女性)>

たった1日で巨額のお金がかかる結婚式。これをプライスレスととらえるか、このお金を別に回した方が得と考えるかは価値観がハッキリわかれるところですね。いずれにせよ、後悔のない道を選びたいものです。

 

■2位:授かり婚のため(23.5%)

お腹が大きくても似合うドレスなど、マタニティウェディング専用プランもありますが、式を挙げるには相応の体力がいるもの。ちなみに、挙式・披露宴のベストタイミングは妊娠5~7カ月目だそうです。

 

■3位:セレモニー的行為が嫌(11.7%)

一生に一度(?)とはいえ、結婚式ほど脚光を浴びる日はありません。誰もが主役になることを避けられない結婚式、そんなの恥ずかしくてやってられない、という方は案外多いのかもしれませんね。

<主役になることが苦手。子どものためにお金を使いたい。(東京 26歳 女性)>

自分の1日よりも、未来の子どもに託したい。なんだかごもっともな意見ですが。ウェディングドレス姿を楽しみにしていた親御さんはガッカリかもしれません。

 

いかがでしたか。理由は様々ですが、“ナシ婚”を選択するカップルも多くなっているようです。非常に大きなイベントですので、一度は暗黙の了解を疑ってみたうえで、本当に式を挙げる必要があるのかを検討するのはいいことかもしれません。

“一生に一度”マジックに惑わされず、パートナーやご家族と一緒に納得のいく選択をしたいものですね。

 

【関連記事】

※ ブライダルハラスメント!? 結婚式後に太るのはドレスのせいと研究で判明

※ ここで手を打つべき!? 「妥協」こそ結婚最短ルートと判明

※ 分類されたらアウト!男性が考える「本命になれない系女子」6タイプ

※ インドア派よりアウトドア派!仲人が明かす「イマドキ婚活モテ事情」

※ 実はこう思われていた!若い男子の「年上女性に対する本音」4つ

 

【参考】

ナシ婚調査2014 – みんなのウェディング

 

【画像】

by David Photo Studio

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'三井さおり'の過去記事一覧