非道にもほどがある!絶対に関わっちゃダメな「クズ不倫男」の見抜き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

“不倫は文化”だなんて、いざ自分がされたらたまったものじゃありませんよね! 実際、“不倫男”がいかに非道な扱いをしてくるか知らない女性も多いのではないでしょうか?

そこで今回は今までの『Menjoy!』記事を参考に、“不倫男”のクズ行動と見抜き方を一挙公開しちゃいます! 愛人と本妻の扱いの差にもビックリです。

 

■愛人との差は価格にして実に4倍以上!

ムカッ!男が不倫相手へ贈るプレゼントの価格は妻の「4倍以上」と判明

不倫専用サイト『Ashley Madison(アシュレイ・マディソン)』を運営するアビッド・ライフ・メディアが、日本人の不倫事情を探るべく、現在不倫中の既婚男性を対象に、不倫相手と妻へのクリスマスプレゼント価格を調査しました。

すると、なんと不倫相手へのプレゼント価格は5〜10万円が最多で、平均価格にするとなんと約17万円! 一方で妻へのプレゼント価格は1〜3万円。平均価格にすると約3万6千円で、不倫相手とは4.75倍もの格差があったのです。

妻への感謝の気持ちよりも、愛人への欲望にお金をかけるなんて、まさにクズですね!

 

■ビジネスになるほど不倫は蔓延している!?

結婚制度の破壊者か?ついに日本に上陸した「不倫専用サイト」とは

先ほど取り上げた不倫専用サイト『Ashley Madison(アシュレイ・マディソン)』。不倫したい人専門の出会い系サイトなのですが、創設者であるノエル・バイダーマン氏はなんと元弁護士!

相談内容の9割が、不倫に関するトラブルだったため、そこから不倫をビジネスとして展開できないかと思い立ったそうなのです。

このようなビジネスが成り立つぐらいですから、クズがいかに多いかよくわかりますね! 気をつけましょう!

 

■“不倫男”はココで見抜け!

弁護士は見た!不倫に走ってしまいがちな男の特徴4つ

せっかくですので“不倫男”の見抜き方を、弁護士法人アディーレ法律事務所のパートナー弁護士・篠田恵里香さんから伝授してもらいましょう。よくある不倫男のタイプは、“親切でまめな性格”と“ロマンチストで甘え上手”なタイプだそうです。

意外と思うかもしれませんが“親切でまめな性格”ということは、複数の女性にもまめにメールをしたり、お祝いなどでプレゼントを贈ったりして付き合いを続けられるタイプということです。

また、“ロマンチストで甘え上手”なタイプは、サービス精神旺盛でお姫様扱いしてくれるのでクラッときてしまう女性も多いでしょう。しかし、ロマンチックなセリフやシチュエーション作りが好きなだけで、特定の女性だけでなく、他の女性にも同じことをいっている可能性大のようです。

 

「自分は大丈夫!」と思っていても、いざその状況になると人間は弱いものです。泥沼の人生にはまってしまう前に、危険のある状況に身をおかないことが大切。妻子ある男性には絶対に近づかないようにしましょう!

 

【関連記事】

守らないと破局する!? 長続きさせるための「同棲の掟」8個

カップル176人に聞いた「同棲を続けるには一人●●が必要」だった!?