急接近!? 出会ってすぐに「仲良くなれる」アイテムはゲームセンターにあった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

春の新生活にも慣れてきたこの時期、新しく知り合った友達との仲を“より深める”ためのきっかけを探している人も多いのでは? 大型連休に旅行を計画するのも楽しそうですが……まずは近場のどこかで、ステップを踏んで心の距離を縮めていきたいものですよね!

では、具体的にどのような行動をとれば、相手とより親密な仲になれるのでしょうか。今日は、同級生・同期との仲はもちろん、意中の彼とのきっかけ作りにも最適な“裏技”について考察していきましょう。

 

ポイント1:まずは、一緒に身体を動かすこと

年齢を重ねれば重ねるほど、“一緒に身体を動かす”といったシチュエーションが圧倒的に減ってきている今日この頃。逆に言えばそんな時だからこそ、何か一つの物事に向かって一緒に汗を流すことが急速に心の距離を縮めるきっかけを作ってくれると言えるでしょう。

中には「運動は苦手」という人もいるので、勝ち負けにこだわり過ぎず、皆で力を合わせて楽しめるスポーツを探してみてくださいね。

 

ポイント2:ほんの少しのスキンシップが大切

またその際、ちょっとした“スキンシップ”が発生することにより、お互いの存在を近くに感じるきっかけとなること間違いなし! 同性であれ異性であれ、ベタベタと触れ過ぎるのはマイナスな影響を与えかねないため、あくまで程良い距離感を保つことが大切です。

 

ポイント3:共通の話題がさらなるコミュニケーションを生む

そして最後が、何か一つの物事に取り組む際、自然と生まれる“会話”がポイント。より詳しい人がそうでない人に教えてあげる流れが自然発生するので、「え、じゃあコレはどうしたらいいの?」と、普段会話が苦手な人でも話題を広げやすいと言えます。それが異性であれば、頼りがいのある背中に思わずキュンとしてしまうことも……?

 

■そこでおすすめなのが、ゲームセンター!

上記3つのポイントを網羅したアイテムが揃っているのが、ゲームセンターです。グループの仲を取り持ってくれるだけでなく、音が大きいので近寄らないと聞こえないなんて嬉しいハプニングも!? 考えるだけでドキドキしてしまいますね(笑)。

しかし、ゲームマシーンの数が多すぎて、何を選べば良いのかわからないという声もちらほら。そんな皆さんに向け、今イチオシのゲームについて、実際にセガ渋谷店を訪問し、担当の方にお話を伺って参りましたよ。

 

・知っている曲が満載のリズムアクションゲーム『maimai』

1人~4人でプレイできるこちらのゲームは、1プレイ100円(上手さに応じておよそ2~4曲)でノリノリに楽しめちゃう“一緒に身体を動かす型”。画面中央に立って手を上下左右に動かすだけなので、これまで「踊るのはちょっと……」と敬遠していた方でも簡単に踊れてしまうのが最大の特徴です。

苦手意識を吹き飛ばして、ハマってしまう人が続出! 対戦or協力が選べるので、ダブルデートで対戦してみるのも面白いかも知れませんね。ゲームの最後には、二人の相性も出ますよ!

また、本ゲームはニコニコ超会議へ出展が決まっているほか、この春タイトー&バンナムとのコラボキャンペーンとして、通常他機種でしか味わうことのできない楽曲をコラボ提供中。選曲に頭を抱えてしまうほどの曲数が搭載されているので、飽きることなく何度も挑戦したくなる“やみつき感”がたまりません。

 

・『ぷよぷよ』がアーケード版で登場!スマホとのコラボも

あまりお金を使いたくないという方には、なんと無料でプレイできる『ぷよぷよ』がアーケードゲームとして登場していることもお伝えしておきたいですね。誰もが一度はプレイしたことがあるであろう人気ゲームなので、苦手意識を抱くことなく気軽に楽しめますよ~。

またこちらも『maimai』同様、協力プレイが可能なのでお互いに力をあわせて敵を倒す“一体感”がきっと心の距離を近づけてくれることでしょう。スマートフォンアプリとの連携が可能なので、ゲームセンターに行くまでのワクワクも増幅して、デートにはまさに最適と言えるかも!? 

期間中、全ての対応ゲームのプレイデータを管理できる『Aime』に新規登録すると、初回特典(スペシャルスター)がもらえるというイベントもあるそうなので、彼との共同作業を記録しておくなんていうのも、ロマンチックでステキかもしれませんね。

 

お近くのゲームセンターですぐに試せるのがこの裏技の良いところ。この春出会ったばかりのお友達とぜひ、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

 

【参考】

※ ぷよぷよ!!クエスト アーケード – SEGA

 maimai – SEGA

 ゲームミュージックトライアングル – SEGA 

 

【取材協力】

※ ハイテクランド セガ 渋谷