女性向け料理本に「男が食べたいメニュー」は絶対ない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「男の心は胃袋でつかめ」とはよく言われるもので、ネットで行われたアンケート調査によると「付き合ってから分かるとうれしい恋人の良いところ」という質問に、男性の約3割が「料理が上手など家庭的」と回答しています(※1)。古典的ですが、美味しい手料理を彼氏にプレゼントするのはやはり効果的なようです。しかし、そのとき気をつけたいのが男女の好みの違いです。

 

■家でお洒落な料理を食べるのは疲れる!?

一般的に女性がヘルシーなものを求めるのに対して、男性はどうなのでしょうか? 19年にわたり、料理雑誌を多数編集してきたフードライターの印束義則さん(※2)に聞いてみました。

「ヘルシーだったり気取った料理は、家で手料理を振る舞ってもらうような関係になる前に、デート等で割と食べていますよね。それが家で食べるような間柄になると、もっと落ち着いて気楽に食べられるメニューを男性は求める傾向にあります。小洒落た料理をちまっと盛り付けられるよりも、多少大雑把でもしっかり食べた気になれる料理の方が喜ぶし、気分的にもホッとするんですよ」

改めて料理を作ろうと思うと、「大好きな彼のために」という気持ちが出すぎて、女性の間で人気の料理本を片手に頑張ってしまうかもしれませんが、それではかえって彼氏を気疲れさせてしまう可能性があります。

 

■男が落ちるメニューは、男性向け料理雑誌に載っている!

ではこのギャップをどう解消すればいいのでしょうか? 印束さんはこう続けます。

「男性向け料理雑誌は本当に男が食べたいメニューを掲載しているので、大いに参考になると思いますよ」

男性向け料理雑誌といえば、古株の『dancyu』から少し世代の若い『男子食堂』や『厨房男子』など、けっこうバラエティ豊かです。また、料理初心者男性向け料理雑誌『メンズキッチンジャパン』編集長の福田健一さんは雑誌のウェブサイトにこう書いています(※3)。

世の中には、いくつかの料理雑誌があります。

(中略)

どれも実用的ではありません。

とにかく、シャレオツすぎる。つまり手が込んでいて、材料が高い。

確かに、高い食材を揃えて作る気合の入ったオシャレな料理は、男性が女性の経済観念を疑う原因に発展しないとも限りません。

そうなるとやはり、男性向けの料理雑誌を自分の本棚に加えておくことは、将来の幸せへとつながるのではないでしょうか。

 

男性向けの雑誌には男が好むものが載っている、言われてみれば当然のことですが、恋する女性は、なかなか気がつかないことかもしれませんね。

 

【参考】

※1. 20代の本音ランキング: 【男性編】付き合ってから分かるとうれしい恋人の良いところランキング [COBS ONLINE/コブス オンライン]

※2. フードライター印束義則

著書『和洋中の納豆かけごはん154』『もっちりしっとり米粉パン』は、共にグリフォン書店(iPhone/iPad/iPod Touch向けの電子書籍ストアアプリ)から発売中。

※3. メンズキッチンジャパン ☆Men’s KITCHEN JAPAN☆