遺伝子レベルで影響が!? 妊活で「男性も注意してほしい」ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

“高齢出産”など、女性の年齢によって出産時のリスクが高まることについてはご存じの方も多いと思います。そんな風に、妊娠&出産では、どうしても女性側が注意することや気をつけることが多くなりがちですよね。

では、男性側にも、“妊活時の注意ポイント”があることはご存じでしょうか?

そこで今回は、過去、『Menjoy!』に掲載された記事をもとに、男性が“子どもをもつ前に知っておきたい豆知識”をピックアップしてお伝えします。

 

■男性が40歳以上になると精子も衰える!?

40歳以上の男性の精子による妊娠にはリスクを伴うことがあります。40歳以上の男性が父親になった場合に、30代以下の男性に比べて、子どもにさまざまな病気や症状が現れる確率が高くなるのです。

パートナーの男性が若い場合、「子どもなんてまだまだ先のこと」と思うかもしれません。でも、夫婦となり家族をもつのであれば、年齢についてのリスクも知っておきたいものですね。

 

■男性も肥満にはご用心!

高脂肪な食事をとるマウスと通常のマウスを、それぞれメスと交配させたところ、高脂肪だったマウスの子どもには、消化酵素や血糖値を調節するホルモンを分泌する、すい臓の遺伝子に影響があることがわかりました。

また、父親から受け継いだ遺伝子により、子ども肥満や早期老化の可能性もあります。不妊治療中である女性の太りすぎはよくないと言われますが、父親も健康に気をつけたほうがよさそうです。

 

当然、妊娠・出産は女性だけでおこなうものではありません。彼が若い場合は、子どもをもつことに“どこか他人事”になってしまうこともありますが、“将来子どもがほしい”カップルは、妊娠・出産についてよく調べ、準備しておきたいものです。

 

【関連記事】

※ 愛の暴走が致命傷に!男がドン引きする「ヤバい女のNG行動」4選

※ 実は「理想の彼氏」!? 海外から見た日本男子のスゴい魅力2つ

※ 彼はウソつき?心理学者が教える「ダウト男」の見抜き方3つ

※ 誤解したままは超危険!妊娠に関するありえない迷信10個

※ こんな時どうする?女子のお悩み「彼とのLINE」正しい攻略法5つ

 

【参考】

※ 6倍も高い!? 意外と知らない「高齢男性との妊娠」リスク – Menjoy!

※ 子作りは慎重に!「パパの肥満」が赤ちゃんの遺伝子に影響すると判明 – Menjoy!

 

【画像】

by CharlotteSpeaks