すぐできる!イライラせずに「夫が喜んで家事を手伝う」意外な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「気がついたら私ばかり家事をやってる!」。そんな夫婦は案外多いものです。

「二人とも働いているんだから、できる人がやって、お互い助けていこうよ」っていっていたのに……。大好きな彼と結婚、想像していたような甘い生活……とはならず、直面する家事の役割分担戦争。

あなたにはそんなつらい思いはしてもらいたくありません。今回は、夫が家事を喜んで手伝うようになる方法を、恋愛心理学者の筆者がレクチャーします。

 

■新婚のうちが勝負だった……って、じゃあもうダメ?

“家事の役割分担を新婚のときに決めておくと、その夫婦は幸せになる”とイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のブライアン・オゴロスキー氏らの研究で明らかになっています。

220組のカップルを調査したところ、新婚初期に家事の役割分担を決めておいた夫婦の幸福感が高まったとのこと。

また、夫婦間における男女の役割について、その考え方を調査したところ、やはり“男性が家事に積極的であれば女性の幸福感が高まる”ことがわかりました。

とくに新婚の早い時点で、お互いの役割分担をはっきりさせておくといいようです……。

 

■夫が“喜んで手伝う”ようになる方法

「そうはいっても、すでにあたりまえのように私が家事をやる流れになってしまっている……」という不満のある女性もいるでしょうから、アドバイスを差し上げましょう。

もしあなたが家事をする状況に不満をもっていて、その状況を変えたいとします。不満をぶつけ、夫に家事を手伝うよう強要することもできますが、そうすると夫が不満を感じ始めてしまいます。

これではあなたから夫に不満が移っただけで、真の解決とはいえないですね。

あなたが、今の状況に不満を感じなくなったらどうでしょう?

二人の間に生じている不満は解消されますよね。他人に行動させることは可能ですが、心まで変えることはできません。変えられるのは自分の心だけです。だから、まずあなたが、「これは私がやる仕事」と心を決めてしまうことです。そうすれば、不満がスッと消えます。

その後で、疲れているときや都合の悪いときは、夫に助けを求めましょう。不思議なことに、二人の間に生じていた不満が解消されているので、快く手伝ってくれるものなのです。

 

変えられるのは“自分”の心だけ。それを知り、責任感をもつと世界が大きく変わってきますよ。

 

【関連記事】

※ 共働き女性は要チェック!夫が家事を手伝わない原因はコレだった

※ 浮気に走るのは当然?「男に離婚したいと思わせる女」を心理学者が解説

※ 家事を手伝ってくれた夫に絶対言っちゃいけないこと4つ

※ 同棲カップル必読!彼氏に家事を手伝ってもらうコツ4つ

※ 家事が苦手な男性にありがちなこと5パターン

 

【参考】

The Role of Couple Discrepancies in Cognitive and Behavioral Egalitarianism in Marital Quality – Brian G. Ogolskyら