> > 第一印象でドン引き!他人の恥から学ぶ「初対面の絶対NG事項」3つ

おすすめ記事一覧

第一印象でドン引き!他人の恥から学ぶ「初対面の絶対NG事項」3つ

2014/05/10 12:00  by   | 男性心理

自分の“ブランド力”を決めるといっても過言ではない“第一印象”。ついつい力が入ってしまってその後の関係修復に時間がかかった経験もおありでしょう。

そこで『Menjoy!』では、女性500人を対象に「第一印象でドン引きされたエピソード」を聞きとり調査! 様々な“赤っ恥”経験をされた女性の皆様の声を集約した結果、“初対面でやっちゃマズイNG事項3つ”が浮き彫りになってきました(協力:クリエイティブジャパン)。

さっそく見ていきましょう。

 

■1:合コンで景気づけを行う

異性+初対面の場といえば合コン。異性がいるとつい緊張してしまうのか、うっかりハメを外す方も多いよう。

「合コンで酒豪がばれてしまった」

「コンパで喉が渇きすぎていて、ついついはじめの生ビールを半分以上一気にあけてしまったこと」

自分好みの男子がそろったからといって、気合い入れの一杯や景気づけの一杯は無用です。ゆっくり飲んで、ほんわか楽しい気分で打ち解けたほうが無難です。

 

■2:メイクに“うっかり”を持ち込む

外見の印象を決定づけるメイクにまつわるドン引きエピソードは、枚挙に暇がありません。

「眉毛をかくのを忘れて出社したとき、同僚から“コワッ、不良みたい”といわれました」

「化粧をせずにデートに行ったとき」

「メイクを張り切りすぎて、くじゃくのようなアイメイクに。待ち合わせた人は普通に引いていた」

“コンディション不調”や“うっかり忘れ”の可能性をゼロにすることは難しいかと思いますが、家を出る直前に鏡を見るだけでも少しは防げますよね。

 

■3:“その筋”であることをいきなりいう

そして最も“ドン引き”されたエピソードが多かったのは、趣味や嗜好の話。たとえば、

「オタクの友達が多かったため、うっかりオタクっぽい言葉を使ってしまったとき」

「“はじめまして、ポケモンマスターの(名前)です!!”と自己紹介してしまったとき」

「大の阪神ファンの私。甲子園での応援帰り、ユニフォーム姿のまんまで、ちょっとこじゃれたお店に入ったら、お店の人にもお客さんにも、“え?”って顔で見られました」

「飲み屋のカラオケで、“何か歌ってよ”というから“軍歌でもいい?”と聞いたら引かれました」

自分ではあたり前のことでも、他人にとってみれば別次元の話。普段から多くの人と交流し、少しでも流行を意識すれば、自分の趣味や嗜好がメインストリームとちょっとズレていることは自覚できるはず。

ズレを感じているなら、初対面で自分の趣味や嗜好のことを話すのはやめておいたほうが無難です。

 

以上、“初対面でやっちゃマズイNG事項3つ”のご紹介でした。胸に手をあててみると思いあたる節がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

記事を振り返ってみると、どうやら“緊張感”がドン引きエピソードの引き金になることが多い様子。初対面だからこそムリをせず自然体でいたいものですね。

 

【関連記事】

当てはまったら激ヤバ!男が絶対彼女にしたくない「ドン引き●●女子」3つ

その姿で外出る!? 薄着になる前にケアしないとドン引きなパーツ3つ

ドン引き確実!? 「女って面倒くさい」と男が呆れちゃうこと4つ

言わぬが花!男がドン引きしてしまう「元カレ」情報トップ3

男がドン引き!「昔モテたがゆえに勘違い」している女性の特徴5つ

 

【参考】

ボイスノートインタネットリサーチ – クリエイティブジャパン

 

【画像】

photo by : Malingering

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'arakawa'の過去記事一覧