下半身デブのあなたにベタ惚れする「イケメン外国人」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

下半身に豊かなお肉が付いていることは、日本人女性からしてみたらコンプレックスになることが多いのではないでしょうか? 厚着できる冬ならまだしも、今は否が応でも露出しなければならない節電の夏。「下半身ダイエットのためにサプリメントでメリロートを飲み始めました!」という方も多いのでは?

そんなあなたに朗報です。

ぽっちゃりした下半身を魅力的だと思い、崇拝してくれる外国人男性がいるのです。しかも彼らはたいていイケメンだとか!

その真相を、海外情報研究家の今野舞子さんに聞いてみました。

 

■ラテン系男性との情熱的な恋はいかが?

「ラテン系の男性は、大きなお尻や肉付きのいい太ももが大好物です。その主な理由は、“かわいい”と“セクシー”を全く別物と考える彼らの思考にあります。彼らにとってのかわいいは、イコール子供っぽい、というイメージ。セクシーさこそ女性に求める魅力であり、それは女性にしかない魅力の追求へと発展するわけです。元々女性のお尻や太ももは、男性よりも柔らかくてふくよかですよね。男性にはない部分です。両手でわしづかみできるくらいお肉のついたお尻こそが、とても魅力的に映るのです」

しかしラテン系といっても、アルゼンチン、ポルトガル、ペルー等々、あらゆる国があります。どこの国の男性に見初められると、より楽しい恋ができるのでしょうか?

今野さんは続けます。

「私のオススメはコロンビア人です」

 

■コロンビア人はイケメン!

「コロンビアと聞くとコカインとコーヒーしか思い浮かばないかもしれませんが(笑)、意外にも美男美女が多いのです。というのも、元々先祖を辿るとヨーロッパからの移民ですから、あらゆる人種がうま~く混合され、多くの美男美女が形成されていったものと思われます」

 

■『HUB』で出会える!?

では彼らとの出会いはどこにあるのでしょうか?

「港区六本木、特に“クラブ”は外国人の遊び場として有名です。しかしクラブは踊る場所であって、それが少し気恥しいという日本人女性もまだまだ多いのが現実です。そんな女性にも抵抗なく入れる穴場が、学生にも人気の『HUB』や個人営業のバーです。そこで“外国語の先生をしている”いう彼を見つけたら、きっとアナタはラッキー。彼らは会話だけでなく、自国の文化や習慣なども手取り足取り教えてくれると思います。そんな中で恋人同士の関係に発展するのは自然な流れであり、それほど時間もかからないはずですよ」

 

いかがでしたか?

下半身太りに悩む女性は、今すぐメリロートを捨てて、お尻と太ももが強調されるタイトなパンツを買いにいきましょう。この夏は、情熱的な国際恋愛ができるかもしれませんよ。

 

【参考】

ライター・海外情報研究家 今野舞子