> > 心理学的にも効果アリ!みんな幸せな「シェアプロポーズ」がブームの兆し

おすすめ記事一覧

心理学的にも効果アリ!みんな幸せな「シェアプロポーズ」がブームの兆し

2014/06/21 21:00  by   | 出会い

女性なら誰もが夢見る、愛する彼からのプロポーズ。

これまでは夜景が見えるレストランやスポット、または自分の部屋や車の中など、ふたりきりになれるロマンティックな場所を選ぶ人が多いイメージがありました。

ところが、最近のプロポーズ事情にはちょっと素敵な異変あり! リクルートマーケティングパートナーズが行った「プロポーズに関するアンケート」をもとにお伝えします。

 

■家族や友人を巻き込む“シェアプロポーズ”が流行の兆し!

今回の調査で、意外にも12.6%の人が“シェアプロポーズ”を行っていたことが判明しました。

愛する人への一世一代の告白を“家族や友人に相談したり、周りを巻き込んで準備を手伝ってもらったりした”というのです。

では、彼らはいったいなぜ、シェアプロポーズを選んだのか、その理由を見てみましょう。

1位:「相手に喜んでほしいと思った」・・・53.6%

2位:「相手を驚かせたかった」・・・25.0%

3位:「より記憶に残るプロポーズにしたかった」・・・17.9%

また、「周りの人と幸せな気持ちを共有したかった」「自分ひとりより、みんなでやるほうがいいプロポーズができると思った」という回答も。周囲の力を借りて、オープンな場で、よりスペシャルに演出したい気持ちがあることが見えてきす。

でも、ちょっと気になるのは、いざみんなに応援してもらっても、相手から断られてしまったらどうするの!?という素朴な疑問ですよね。

これに対しては、73.2%の人が“事前にプロポーズ成功の確証を得ていた”というのです。

つまり“結婚の意志がある”とお互いにわかっているとき、プロポーズをドラマティックに演出しようと“シェア”を選ぶのではないかと推測されます。そう考えると、交際期間が長いカップルにも、適していそうですよね。

 

■意識して人に親切にすると、自分の幸福感もアップする

特徴的だったのは、「周囲の誰かにプロポーズの協力を頼まれたら、手伝いたいと思う」と回答した人が77.6%もいたことです。

友達がプロポーズするという幸せな瞬間を、協力して盛り上げたい気持ちのある人が多いというのは、喜ばしいことですよね。

実は“意識して人に親切にする”と、親切にした人の幸福度がアップし、また幸福感の持続にも効果があることは、心理学でも証明されているのです。

これは幸福を研究する科学として注目を集めている“ポジティブ心理学”において実証されている“幸福感を増すための方法”のひとつで、人にサポートを提供することが自分の成長につながり、心の内側から幸福感がもたらされるというもの。

まさに情けは人のためならず。親切は人を幸せにしつつ、あとで自分に返ってくるものなのですね。

 

次に友達や同僚から“シェアプロポーズ”への協力を頼まれたら、喜んでサプライズ演出のためのシェアに協力してみてはいかがでしょうか。

周りの人との絆を深めるだけではなく、応援することで、あなた自身にも幸せがシェアされることでしょう。

 

 【関連記事】 

※ 即プロポーズもアリ!? 1年以内に結婚できる男の特徴4つ

※ このままじゃ婚期逃すよ!イマドキ男子は「逆プロポーズ」を求めていると判明

※ がっかりしちゃダメ!「あんな場所でプロポーズ」したがる最近の男事情

※ やっぱり絶対もらいたい!思わず「結婚指輪」が欲しくなるエピソード2つ

※ 既婚女性が告白!「恋人と結婚相手に求める条件は違う」という現実

 

【参考】

プロポーズに関するアンケート – リクルートマーケティングパートナーズ

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'タニハタ マユミ'の過去記事一覧