男が払うと思うな!夏デートに備える「おすすめ節約術」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

夏休みに向けて、旅行やレジャーの予定を立てはじめる頃ですね。しかし、楽しみが増えると同時に増えるのがお金の悩み。「せっかく、気になる彼が参加するグループ旅行に誘われたのに、お金がなくて行けなかった……」なんて悲しい事態だけは避けたいですよね。

デートでも「全部、彼のおごりでしょ」なんて考えていては、いい男はよってきません。本格的な夏がはじまる前に、余計な出費はおさえて、なんとかイベント費用やデート費用を確保したいところ。

そこで今回は『gooランキング』の「あなたのとっておき節約術は?」を参考に、今日から簡単にはじめられる、おすすめの節約術を3つご紹介します。

 

■1:財布に余計なお金を入れない

思い切って余計なお金はお財布から抜いてしまいましょう。「これいいな」と思ったときにも財布にお金が入ってなければ、当然買えません。その後「本当にその商品が欲しいのか」とじっくり考えることができます。

無駄遣いを防ぐには、余計なお金を持ち歩かないのが一番です。もちろん、クレジットカードも持ち歩かないほうがいいでしょう。

 

■2:自炊、飲み物はマイボトル

毎日購入している水のペットボトル1本をやめて、マイボトルにするだけで、1カ月で約3,000円近くの節約が可能に。さらに毎日の食事も、2kgで1,000円のお米を購入したとすれば、お茶碗25~30杯近くのご飯が食べられます。コンビニ弁当だとしても、1回に500円近くはかかってしまいますから、相当な節約になりますよね。

 

■3:お肉はまとめ買いして冷凍

お肉などの生モノはあまり日が持たず、早めの調理が必要。ですから、安売りの日にまとめ買いして、1食分に小分けし、冷凍するのがおすすめ。1食分に分けていれば、その都度、使う分だけ解凍して料理できるので、使いすぎも防げますよ。

 

以上、いかがでしたか? そのほか「なるべくエアコンを使わない」「電気の契約を見直す」なども節約術として挙げられていました。

飲み物をマイボトルにするだけで、月3,000円なので年間約36,000円の節約になるのです。小さな節約だといっても侮れませんよね。普段は無駄遣いを防いで、デートやレジャーでは思いっきり楽しみ、素敵な夏の思い出をたくさん作ってくださいね。

 

【関連記事】

※ 超簡単なのに絶品!彼の胃袋をがっちりゲットする「炊飯器ビーフシチュー」

※ 当てはまると危険!一生貧乏な人にありがちな口癖5つ

クレジットカードはNG!間違いだらけのお金の使い方6つ

当てはまると危険!節約するほど貧乏神を招くもの3個

※ 貧乏くさっ!男から恋愛対象外にされる「節約女子」の生態6つ

 

【参考】

あなたのとっておき節約術は? – gooランキング