化粧ポーチを忘れてもOK!プロ直伝「緊急お化粧直し術」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

急に雨が降ってきたり、湿気で汗ばんだり、化粧崩れが気になる季節です。当然、お化粧直しの回数も増えますよね。しかしバッグを開けたら「あ、化粧ポーチ忘れた……」。そんな緊急事態にも、焦らないでください。

今回は、化粧ポーチを忘れてしまった緊急事態に役立つお化粧直し術を、ヘアメイクアーティストchihoさんに教えていただきました。

 

■1:紙おしろい

「紙おしろいとは、あぶらとりとお化粧直しが一度にできる、おしろい付きあぶらとり紙のことです。コンビニやドラッグストアなどにも置いてあり、300円前後とリーズナブルな価格。

あぶらとり紙と同じように顔をそっと押さえるだけ。キレイにさらさらになり、ふわっと透明感さえある肌になります。その使い勝手のよさと仕上がりに、その場しのぎだけに使うのはもったいない“隠れた逸品”を感じることでしょう」

 

■2:テスター、もしくは100円ショップ

「時間とお金があれば、コンビニはもちろんデパートの化粧品売り場でもメイクグッズを購入することも可能ですが、忘れたときにかぎってそんな余裕はないですよね?

そんなときは、ドラッグストアなどのテスターやサンプルが助けてくれます。

もしくは100円ショップのコスメがオススメ。最近の100円ショップにあるコスメは、クオリティーが意外に高く、種類も豊富でなかなかいい仕事をします。

その場しのぎのつもりが、レギュラーで使う商品に出会えるかもしれません」

 

■3:ファーストフード店の紙ナプキン

「飲食店の紙ナプキンもあぶらとり紙の代用になります。なかでもファーストフード店の紙ナプキンは、吸収率が抜群。その威力は毛穴のポツポツが肉眼で見えるほど。

ポテトを食べながら、今日はどれだけ脂がとれるかついワクワクしてしまいます」

 

化粧が崩れると魅力がダダ下がり、出会いのチャンスも逃してしまいます。「化粧ポーチ忘れた! どうしよう!」というときは、焦らずに、ぜひこの記事を思い出してくださいね。

 

【関連記事】

※ バレたら破局!? 「整形でもアリな男性はたった●割」調査で判明

※ ムダ毛やニオイより危険!この時期ケアしないとドン引きな●●対策5つ

いくら美人でも!一瞬で男に嫌われる女性の見た目NG3つ

※ とっくに既読になってるのに!彼氏に「LINE」の返事を早く返させるコツ3つ

※ 紫外線はやっぱり…ヤバイ!男性が人体実験してくれた結果がコレ

 

【取材協力】

chiho・・・ヘアアレンジと黒猫大好きヘアメイク。学校、企業等の講師活動、アーティスト・モデルのヘアメイク、ショーメイク、ブライダルなどヘアメイクを通してHAPPYをお届け。