意志が強くてもヤセない!? 「ダイエットと梅雨」の意外な関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「夏に向けてそろそろ本気出す」

この季節、そんな決意をされる女性は多いかと思います。

シタシオンジャパンが発表した「女性のダイエットに関する調査」によると、ダイエット経験者の77.7%がダイエットの失敗経験があるとのこと。

そしてダイエット失敗には梅雨のストレスも大いに関係しているというのです。あなたには失敗してほしくありません! 詳しく見ていきましょう。

 

■梅雨時期のダイエットは失敗しやすい

同調査によると、季節や気候の影響を受けやすい人は、変化を受けにくい人よりダイエット失敗率が高いとわかりました。

また“ダイエットの天敵”ともいえる間食ですが、間食が多い人(週3回以上)の5割弱が梅雨時期に体調が悪くなる経験があるそうです。

梅雨がもたらすストレスがダイエット失敗の誘因となるようなのです。

 

■食欲のコントロールは意志の強さとは無関係

肥満外来の専門医である佐藤桂子医師によると、間食をはじめ食欲がコントロールできないのは、カラダのメカニズムに由来しているとのこと。

具体的にいうと、脂肪細胞から分泌されるレプチンと胃から分泌されるグレリンが食欲コントロールに作用しているのです。

レプチン分泌量は体脂肪量に比例しており、脂肪が増加するとレプチンも増加し食欲を抑制しようとします。脂肪量が減少すると、レプチンも減少し、今度は生命を維持するために、胃からグレリンが分泌され食べることを促します。

カンタンに言うと、レプチンが食欲の“ブレーキ”、グレリンが食欲の“アクセル”というワケですね。

佐藤医師によれば、ダイエットが成功しにくいのは、脂肪量が減るとレプチンが減少し、グレリンが増加して食欲が増すためにリバウンドが起こることが多いからだそうです。

さらに季節や気候の影響等で自律神経が乱れがちなこの季節は“ブレーキ役”のレプチンが減少し“アクセル役”のグレリンが増加してしまうとのこと。

 

■食欲を暴走させないためには

「でも本格的な夏が来るまでにカラダを引き締めるにはこの季節から実行しないと……」

このように女性が思うのは当然のことです。対策としては、“十分な睡眠”と“サポート成分を賢く取り入れる”ことがポイントであると、佐藤医師は示しています。

今日からすぐに実践できるのは“睡眠”の改善ですよね。先日ご紹介した「原因は睡眠不足!? あなたを太らせる“ニセ食欲”の対処法3つ」という記事では効果的な睡眠をとるために3つの習慣を改めることを指摘しています。

(1)睡眠の3時間前から食べない

(2)寝室に加湿器や植物を置かない

(3)夜9時以降は激しい運動をしない

良質な睡眠のためにカラダの内部を整え、お部屋の環境も改善すれば、自律神経の乱れを防ぐことができます。

 

以上、梅雨がもたらすダイエット失敗の誘因とその対策のご紹介でした。まずはよく寝て健康的な美人を目指してくださいね!

 

【関連記事】

美容師が伝授!梅雨の「ペッタリ前髪」を解消するブローのコツ3つ

※ もうバレバレ!「惚れた女にだけする」男のボディーランゲージ5つ

※ なんと「髪の分け目」で男女の相性がわかってしまうと判明!

運動いらず!「食事を少し変えるだけ」の楽ちんダイエット4つ

夏バテ・夏太りに注意!恐ろしい「絶対やっちゃNGな夏ダイエット」4つ

 

【参考】

女性のダイエットに関する調査 – シタシオンジャパン

※ 原因は睡眠不足!? あなたを太らせる「ニセ食欲」の対処法3つ – Menjoy!