> > まったく自覚ナシ!? 「恐怖のメシマズ女」の特徴5つ

おすすめ記事一覧

まったく自覚ナシ!? 「恐怖のメシマズ女」の特徴5つ

2014/07/10 22:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

ネット上でたまに見かける“メシマズ妻”、“メシマズ彼女”という言葉が、自分にあてはまらないか不安になることはありませんか?

お料理が苦手な方はもちろんですが、「メシマズ彼女にかぎって、自分がメシマズとは夢にも思っていない」という書き込みなど見ると、お料理好きのつもりでもなんとなく不安になってしまうものですが……。

今回は『gooランキング』の「“メシマズ”な人の特徴ランキング」を参考に、メシマズ女とは一体どんな人物なのか、その特徴をチェックしてみたいと思います。あなたもまさかのメシマズ女かも!?

 

■1:謎のアレンジをする

これは、ネット上でもよく見かけるご意見ですね。真のメシマズは料理が苦手なのではなく、得意なつもりで奇抜なアレンジをするという……。一般的な簡単家庭料理より、凝った創作料理のほうが得意という方は要注意かもしれませんね。

 

■2:初めて作る料理でも計量しない

これも、苦手というよりは自信のある人の行動のように思えます。計量せずカンで美味しいものが作れるのは熟練者か天才のみと思って、初心者のうちはなるべく教科書通りのものを作って、感覚を養っておいたほうが安心・安全ですね。

 

■3:肉・魚は丸こげもしくは生焼け

ちょうどいい焼き加減は難しいものですが、キッチンタイマーなどを使って「中火で5分」など、料理本に書いてある通りの時間を意識してみるだけで「食えたもんじゃない」といわれるレベルの大失敗は防げそうですね。

 

■4:自分がメシマズだと気づいていない

確かに、料理に苦手意識がある人間は料理に臆病になるので、簡単なものしか作らない上、いわれた通りの味付けしかしないので、手際は悪いながら、大失敗は避けられるような気がします。大惨事になるのは、むしろ己のカンに根拠のない自身がある大胆なタイプでしょうか?

 

■5:味見をしない

相当な味オンチでないかぎり、味見をしていれば“とても食べられない”レベルの味には気がつくものですが、「味見すらめんどくさい」と思って流れ作業で食卓にリリースしていると、とんでもないものができあがっている可能性もありそうですね。

 

付き合いの長い、気が置けない仲ならともかく、付き合いたてや、友達以上恋人未満の関係の時は、男性も多少メシマズだと思ってもガマンして食べてしまいそうですね。

でも、いつまでたってもマズイものを出され続けると、だんだん2人の関係に悪影響が出てきそうです。上記の特徴に心当たりのある方は、一度母親や兄弟などに食べてもらって、くったくのない意見をもらっておいたほうが安心かもしれませんね。

 

【関連記事】

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'星 花'の過去記事一覧