「ソレ聞いてどうする?」女がブチギレるセクハラ暴言ワースト4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

少し前に都議会での“セクハラヤジ”が話題になりました。ある言葉を“セクハラと感じるかどうか”は、受け取り手次第というところも。それだけに自分がセクハラと感じる一方で、自らもセクハラ発言をしていることがあるかもしれません。

そこで今回は、『Menjoy!』が女性500名に対して“セクハラ”をテーマにしたアンケートを実施。多くの女性が「セクハラ!」と認定する“セクハラワード”をランキング形式でご紹介したいと思います(協力:クリエイティブジャパン)。

 

■女性の3割が言葉による“セクハラ”経験アリ

まず、「“その言葉はセクハラだな”だと感じたことはありますか?」という設問に対して、「ある」答えた女性は3割という結果になっています。

では、その“セクハラワード”とはどんなものなのでしょうか? さっそく見ていきましょう。

 

■1位:子供は産まないの?

堂々1位、約7割の女性が「セクハラ!」と受け止めているのがコチラ。なかには「夜の生活を聞かれた」などという人も……。妊娠・出産は、本人の意思や努力だけではどうにもならないこと。センシティブな話題ですから、男性はもちろん女性同士であっても、迂闊に口に出さないのがマナーです。

 

■2位:結婚しないの?

続いて、約半数の女性がセクハラ認定したのがコチラ。「早く婚活した方がいい」「早く(結婚)しないとドレスが似合わなくなる」「仕事するより結婚したほうがいいんじゃないか」などと言われたことのある女性たちも。独身女性の多くは「余計なお世話」と思うはずです。

 

■3位:彼氏(旦那)とは最近どう?

聞いて一体どうするのでしょうか? 世間話のつもりなのかもしれませんが「親しくもない相手に、恋人との話をしたくない」と思うこともありますよね。存在が公になっている夫ならまだしも、別れる可能性がゼロではない彼氏については「触れてほしくない」女性も少なくないのです。

 

■4位:彼氏いるの?

「いる」と答えれば、「どんな彼氏?」と突っ込まれそうですし、「いない」と答えれば、好きな男のタイプや男性遍歴を聞かれそうで面倒くさいもの。「放っておいてください」と言いたくなってしまいます。

 

■番外編:“胸”関係は地雷!

ランキングのほかにも、フリーアンサーで多く見られたのが“胸”に関する、“セクハラ”ワード。

「胸が無いことを、ばかにされた」という人もいれば、逆に「おっぱい大きいな」「やっぱり若いから、胸は上向きにツンとしてるんでしょ?」などと言われた人も……。女性に対してこんな発言すれば、ヒンシュクを買うこと間違いナシです!

 

いかがでしたでしょうか。このほかにも生理についてや、脚、おしりなどのパーツについて話題にされた、という意見もありました。女性の立場からすると腹立たしいことこの上ないセクハラワードに対しては、受け答えを曖昧にせず、ハッキリと不快感や拒絶を相手に示した方がよいかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ 塩村議員も涙!許せない「セクハラ発言」をサラリとかわす方法2つ

※ ひどい下ネタを「サラリ」とかわすための対策法5つ

※ あなたは大丈夫?モラハラ夫に狙われる女性の特徴8つ

※ ヘタすると訴えられちゃう!女性が知っておくべき「逆セクハラ」なNG行動4つ

※ セクハラされたら若い男性社員に相談すべし!?女性上司より頼りになる若手リーマン達

 

【参考】
ボイスノートインタネットリサーチ – クリエイティブジャパン