地方では茶髪がモテるって本当?「髪色の地域別モテ度」調査結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

最近、地元大好きで、できちゃった結婚の割合が高く、子供にキラキラネームをつけるような新保守層“マイルドヤンキー”が注目を集めています。

メディアでもたびたび特集が組まれている彼らを見るにつけ、つい「首都圏より地方の方が、茶髪女子がモテる比率が高いんだろうか?」と安直に推測してしまいますが、実際のところはどうなのでしょうか?

そこで今回は、男性を対象に“黒髪ロング、黒髪ショート、自然な茶色ロング、自然な茶色ショート、明るい茶色ロング、明るい茶色ショート”のうち、どの髪型が好きか、地域別にアンケートをとってみました(協力:クリエイティブジャパン)。

 

■全国的に圧倒的な人気を誇るのは?

関東、関西、北海道、沖縄、四国、九州、中国、南東北、北東北、北陸・中部・信越と、各地域ごとにアンケートをとった結果、やはりというべきか、その順位に差異はありませんでした……。どの地域も黒髪無双で、茶髪好きをはるかに上回っていました。

清楚系が一番まんべんなくモテて、派手系は好みが別れる。という傾向は、簡単に覆されることが無いようです。

 

■関東より関西は派手っていうイメージは本当?

とはいえ、細かいパーセンテージには、それなりに差異があらわれていました。関東vs関西で見てみると、関東は黒髪派が69%で、自然な茶色派が20%、明るい茶色派が5%なのに対し、関西は黒髪派が66%、自然な茶色派が18%、明るい茶色派が11%と、ギャル系の派手色を好む人が1割を超えました。

関西人のことを“コテコテ”と表現したり、大阪のおばちゃんのことを“派手好き”と言ったりする傾向がありますが、関西のおばちゃんが派手になるのは、派手女子がモテやすい文化があるからかもしれませんね。

 

■黒髪愛が一番強いのはアノ地域

全体の73%と黒髪支持者が圧倒的に多かったのは、広島・山口・島根・鳥取・岡山という中国地方の男性たち。さすが綾瀬はるかを輩出した広島県を有する中国地方。素朴で清楚な女性の人気が抜群に高いようですね。

対して、自然な茶色派が多いのは東北。特に南東北は27%と圧倒的です。金髪に近い明るい茶色支持者は7%と平均値であることを考えると、特に派手好きギャル好きというわけでもなさそうです。

 

いかがでしたか? ちなみに「その他」と答えた人の中では「顔が可愛ければどれでもいい」という身もふたも無い本音も多く見られました。

今回の結果を見る限りでは、“地方の方がマイルドヤンキーが多いのでギャルがモテる”とは一概に言えなさそうですね。ギャル雑誌も続々と休刊しているいま、まんべんなく多くの男子にモテようと思ったら黒髪、もしくは上品な茶色にしておくのが無難なようです。

 

【関連記事】

※ バッサリ切っちゃう?ショートヘアは「ある特徴の男性」にモテる

※ 可愛いんだけどちょっとナシ…「男に元ヤン認定される女の特徴」6つ

※ 夏恋するために!今すぐやるべき「男整理」の5ステップ

※ キャバ嬢直伝!無理めなカレを陥落させる「超強引LINEテク」4つ

※ 見せすぎはダメ!「男が萌える浴衣の着こなし」を心理学で解説

 

【参考】

※ ボイスノートインタネットリサーチ – クリエイティブジャパン