> > SNSの方が話しやすい!? 男女で異なる「スマホ恋愛事情」

おすすめ記事一覧

SNSの方が話しやすい!? 男女で異なる「スマホ恋愛事情」

2014/07/30 12:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

今や、電車の中でスマホを触っていない人は全体の1~2割程度!? それくらいの確率で、画面を覗き込んでいる人をよく見かけますよね。

恋愛においてもコレは同じこと。付き合う前の意思疎通方法としてはもちろん、デートの思い出の記録、喧嘩や仲直り……と、全てにおいてスマホが絡んでいるといっても過言ではないでしょう。

そこで今日は、nanapiが運営するアプリ『アンサー』が全国15~49歳の500名に対して行った「スマートフォンでのコミュニケーションと恋愛に関する意識調査」の結果を参考に、現代の若者事情を徹底考察します!

 

■メールや電話よりも、SNSでの意思疎通が主流と判明

スマホをはじめ、これだけ通信ツールが増えても、「最も本音で話しやすい環境は?」という質問に対しては、“直接会って”という回答が1位。

しかしながら、次に電話やメールがランクインするだろうという従来の予想に反し、“匿名のソーシャルアプリやメッセンジャーアプリ”“実名のソーシャルアプリやメッセンジャーアプリ”が2位・3位に入る驚きの事実が明らかとなりました。

そこで気になるのが“匿名の……”という部分。実は現在、10代の2人に1人が「友達には教えていないアカウントを持っている」んだそう。

また、その割合は男性に比べ女性の方が多く、現在または過去にスマホのソーシャルメディアやメッセンジャーアプリ上でしか知らない友人・知人がいたことがあると回答した人は全体の53.4%という、非常に多い結果に。

 

■いったいどんな話をしているのか?

会話のネタで最も多いのが“趣味の話”で第1位。次いで“勉強や仕事の悩み事”、“恋愛の話”の順です。

これは、“直接会う”“SNS上”を問わず、同じネタが上位3位にランクインする結果となりました。

中には「女友だちを褒める際は、SNSの方が伝えやすい」という傾向も見受けられました。面と向かっては言いにくいことでも、SNS上なら少しはハードルが下がるようです。

 

■女性はオンライン、男性はオフラインが“話しやすい”らしい

また、恋愛の話や今の悩みなどを何でも話せる相手が、リアルとオンライン(スマホ上)とで、それぞれ何人いるか聞いたところ、男性はリアル、女性はオンラインの方が多いことが判明。

年代別・性別の平均値を見ると、10代女性はオンラインで何でも話せる相手が平均8.64人ということで、オフラインでの平均5.1人よりも3人以上多いという不思議な結果になりました。

 

いかがでしたか?

女性の方がよりオンラインでの人間関係を好む傾向があるようです。逆にいえば、もし今、彼とうまくいかずに悩んでいるような方はスマホを使ってのアプローチではなく、一度直接話してみるのもいいのかもしれません。

是非、意中の彼との恋の参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ SNSぼっち確定!? 絶対しちゃダメな「男ウケが悪い投稿」6つ

※ なんと浮気する男性は「顔に3つの特徴があらわれる」と判明!

※ 女の本能だった!? 「背の高い男性」に惚れてしまう理由を徹底解析

※ 悲しすぎるッ!「美人は3日で飽きる」は大ウソと実験で判明

※ これが入ってたら要注意!浮気男子が使いがちなスマホアプリ3つ

 

【参考】

スマートフォンでのコミュニケーションと恋愛に関する意識調査 – nanapi

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'渡辺ゆきち'の過去記事一覧