婚活先生は見た!最低レベルのイタすぎる女性たち【結婚相談所編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

前回の記事では、婚活におよそ800万円を投じ、5,000人以上の女性と出会ってきた“婚活先生”こと樋口康彦氏が、お見合いパーティーで出会ったという個性的な女性たちを紹介しました。今回は、【結婚相談所編】として、さらに4名のキャラをご紹介します。

 

■1. 正直さん

E子さんは、26歳・美容師の女性。写真で見る限りなかなかの美人さんでしたが、紹介書の記載に地雷くさい表現が……。

・競馬・競輪……大いに興味あり
・読書……まったく興味なし
・子ども……好きでも嫌いでもない
・タバコ……吸う
・服装……派手なほう

彼女の正直な姿勢には好感が持てますし、ありのままの自分を受け入れてほしい……という気持ちも理解できます。ただ、結婚相手を求める男性からは、E子さんのようなプロフィールは敬遠されるのでは?

嘘をつくのも考えものですが、見る側の立場にたってほんの少し控え目な表現(たとえば、『競馬・競輪……少し興味あり』など)を用いるのも婚活戦略上、必要かもしれません。

 

 

■2. 背後霊さん

F子さんは、40歳の薬剤師。5年前に交通事故で夫を亡くしていますが、子どもはいません。昔の夫のことをどう思っているのか、男性としては気になるもの。そこで樋口氏は、F子さんと出会った初回にその点について尋ねます。

「亡くなった旦那さんのことを、今はどう思っているの?」
「……いつもすぐ近くにいて、守られているような気がする」
「エッ」

……別に亡くなった夫の悪口を言う必要はありません(それはそれで悪印象かも)。ただ、婚活をするなら、もう少し気持ちの整理をつけてからにしたほうがいいのでは? と思わずにはいられません。

 

■3. 少女漫画さん

G子さんは、36歳・公務員の女性。実年齢より若く見える品のよい女性なのですが、彼女から樋口氏に宛てたメールの内容はなかなかブッとんでいます。

実は、私には
小学校からの付き合いのある、
幼馴染みの
「彼氏未満」がいまして。

結婚相談所を介して知り合った男性に対して、長い付き合いのある“彼氏未満”の存在を表明するとは、G子さんは素晴らしい男性観の持ち主のようです。さらに、別の機会には、樋口氏は以下のようなメールをG子さんから受け取ります。

今の彼は好きなことは好きよ。とても。じゃなきゃ、婚姻届なんか受け取らないもの。それにいろんな人と出会って比べるたびに、彼の価値はどんどん上がっている感じ。世の中舐めすぎ?(笑)

文面にある“いろんな人”のなかには、メールの受取人である樋口氏も含まれるわけで……。G子さんは、“今の彼”のダシにされる男性の心情というものを理解できないのでしょうか。どう見ても世の中舐めすぎ(笑)です。本当にありがとうございました。

 

■4. 意味不明さん

H子さんは、34歳・メーカー勤務の女性。結婚相談所を介して、H子さんと実際に会うことになった樋口氏は、日程を決めるためのメールをH子さんに送ります。

はじめまして、A会から紹介していただいた樋口康彦です。
このたびはお受け下さりありがとうございます。
ぜひ一度お会いしたいと思いますが、ご都合はいかがでしょうか。
私は一応、土日が休みです。なお、今月に関しては、とくに休日出勤当はないと思います。
○○さんはいま、お仕事お忙しいですか?
お互いT市在住・在勤なので会うのは楽ですね。
ではお返事、お待ちしています。

これに対するH子さんのからの返事は以下のとおり。

こんばんは。樋口さん。
メール等、しましょうね

メールを受け取った当初、樋口氏はメールが途中で切れているのではないかと思ったそうです。ところが、しばらく待ってもH子さんから追加情報のメールはなし。結局、樋口氏は彼女と会うのを取りやめにしたとのこと。

メールの質問に対し、きちんと返答をするのはマナーです。ましてや、出会いが重要な婚活において、H子さんはもう少し(かなり?)積極的な文面のメールを返すべきだったのではないでしょうか。何度読み返しても、H子さんの2行メールは意味がわかりません。

 

いかがでしたか? 【お見合いパーティー編】【結婚相談所編】と2回にわたって、婚活先生が現場で見たちょっとアレな女性をご紹介してきました。人によって自分が当たり前と考える常識水準は異なるものです。

婚活がなかなかうまくいかないという女性は、ぜひ自分の常識水準を他人目線で見直してみることをオススメします!

 

【参考】

樋口康彦(2008)『崖っぷち高齢独身者』 光文社新書

樋口康彦(2009)『婚活失格』 ぶんか社文庫

樋口康彦(2010)『男ひとりの老後にならないための55カ条』 青志社