> > サプライズはNG!嬉しいニュースを伝えるコツは「期待を高める」

おすすめ記事一覧

サプライズはNG!嬉しいニュースを伝えるコツは「期待を高める」

2014/08/03 12:00  by   | ニュース

あなたは彼からのサプライズ、好きですか? 男性からすると、喜ばせたくてサプライズを用意したくなるのですが、女性からすればいい迷惑っていうこともありますよね。

普段着で出かけたのに高級レストランに連れて行かれたとか、サプライズにまつわる迷惑な話は、皆さん一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

このサプライズ、じつは迷惑だということ以上に、喜びを低下させてしまうということが、シカゴ大学ブースビジネススクールの研究によって明らかになりました。

いったいどういうことか、研究結果をもとに詳しく紹介します。

 

■サプライズよりも演出

学術誌『Journal of Experimental Social Psychology』に掲載された一連の3つの研究によれば、ひとを喜ばせるような嬉しいニュースは、あまりはやく伝えると相手を喜ばせることができないとわかったんです。

というのも、サプライズで突然に喜ばせるよりも、事前にニュースを予告をしたほうが、まだかなまだかなという感情の高まりに関連して、本当に喜ぶことができるのだとか。

たとえば、カレを喜ばせたいのなら、朝のウチから事前に「今夜は○○だから」といっておいて方が、期待も高まり、実際に大きく喜ばせることができるんです。

ただし当然ながら、その予告は少しだけに留めておいてくださいね。あまりに、全部を話しすぎたり、実際以上に期待をもたせてしまうと、本番でカレがガッカリしてしまい、喜ばせてしまうことができなくなってしまうんです。

研究チームによると、嬉しいや気持ちいいなどのポジティブな感情は、ちょっとしたことでトーンダウンしてしまうのだとか。本当に喜ばせたいときには、用意周到な計画と予告で演出することが、とても大事だったんです。

 

いかがですか。相手を喜ばせるのは、簡単なことではないようです。でも、カレを喜ばせるためなら、そんな苦労も大丈夫ですよね?

 

【関連記事】

※ もうバレバレ!「惚れた女にだけする」男のボディーランゲージ5つ

※ キレイゴト抜き!職業でみる「モテる劣化する婚期逃す」総まとめ

※ 1位は命にも関わるアレ!「結婚前に知りたい」離婚理由ワースト5

※ サラリーマンが「美人多くね?」と思う路線1位は●●!

※ 友活中の女性は要注意!食事会で男性がドン引く6つの失態

 

【参考】

※ Feeling good at the right time: Why people value predictability in goal attainment – Nadav Klein, Ayelet Fishbach

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'平松隆円'の過去記事一覧