危険!日焼け止めじゃ防げない…「アソコの紫外線対策」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

いよいよ夏真っ盛り! 夏は汗やニオイ、化粧崩れなど女性として悩ましいことも多いですよね。そして何と言っても美容の敵になるのが紫外線。

彼と一緒に海に行ったり、バーベキューをしたりと夏はアウトドアの季節でもあります。紫外線の多いこの時期は、間違いのない紫外線対策をしたいものです。

でも実は多くの人が見逃している“アソコ”の紫外線対策が重要だということがわかったのです。

トレンド総研が発表したレポートに基づいてお伝えします。

 

紫外線から目を守ることが大切

紫外線対策というと、顔や身体に意識が向きがちですが、実は目の日焼けにも注意が必要なんです。強い紫外線でひどい日焼けをしてしまうと、紫外線角膜炎という症状を起こしてしまいます。

昼間に紫外線を浴びた場合、夜から深夜、あるいは翌朝にかけて発症し、白目の充血、異物感、流涙がみられるとか。さらに酷い場合は強い眼痛があることも。

 

普通のサングラスでは紫外線は防げない

じゃあ、日焼け対策としてサングラスをかけよう! と思ったあなた。ちょっと注意が必要です。普通のサングラスをかけていると、光を取り入れるために瞳孔が大きく開きます。そのため、サングラスを通過した紫外線の影響は普通より多くなってしまうというのです!

この事実にはちょっと驚きではありませんか? どうすれば目を紫外線から守ることができるのでしょうか?

 

UVカット機能つきサングラスを着用せよ

サングラスをかけようと考えたところまでは正解ですが、ここでサングラスを買うときのチェックポイントがあります。それはUVカット機能つきかどうかです。

スポーツ用サングラスなどはしっかりと紫外線をカットしてくれるので、オススメです。

 

UVカットのコンタクトレンズでは不十分

ではUVカット機能つきのコンタクトレンズはどうかというと……、実はこれも残念ながらアウトです。コンタクトレンズでは白目の部分を守ることができないからです。

UVカットのコンタクトを使っている場合でも、真夏に外に出る場合はサングラスの着用が必須なんですね。

 

いかがでしたか? あなたは目の紫外線対策までちゃんとできていましたか?

暑い日に1日外で過ごしたりすると目が真っ赤に充血してしまったりしますよね。夜のディナーのときに彼の前で真っ赤な目にならないためにも、紫外線からキッチリ守ってあげてくださいね!

 

【関連記事】

※ したくてもダメ?「おはようのキス」6割以上がためらう切実な理由

※ ビーチで男にドン引きされる水着女性の意外な特徴とは?

※ キャンプに着ていったら「この女イタすぎ」と引かれるNGファッション3つ

※ 103kgの恋愛カウンセラーが説く!「彼に飽きちゃった時」の正しい心構えとは

※ 二度と誘いたくない!恋も友情も失う「おバカな酒癖」ワースト5

 

【参考】

真夏の紫外線の脅威と紫外線対策に関する理解度に関するレポート – トレンド総研