会場の1番人気はアソコ!「結婚式出席者の本音」が調査で判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

女性にとって結婚式といえば人生の一大イベント。ただ、主役の花嫁にはなかなかなれず、誰かを祝福してばかりで、招待された式では「おめでとう!」以外のビミョーな思いを抱えがち……なんて人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は株式会社ベルコが実施した「なかなか言えない結婚式出席者の本音」に関するインターネット調査の結果をお届けしたいと思います。

 

■招待されたい会場は“ホテル”、20代では“結婚式場”が人気の兆し

まず、「披露宴会場で招待されるなら、どんなスタイルが良いですか?」という質問に対して、最も多かったのは「ホテル」(45.8%)という回答。これに、「レストラン」(30.4%)、「結婚式場」(27.2%)という回答が続きました。

このうち「結婚式場」を選択した方の年代構成比をみると、20代が他の年代より割合が多いことがわかります。なお、結婚式場を選択した理由は、「結婚式という感じがするから」「設備が整っているから」「挙式のあとにそのままできるから」「非日常な空間が嬉しい」など。

もし自分が披露宴を挙げることになったら、招待客の年代も考えて会場を決めたいものですね。

 

■もらって困る引き出物はやっぱりアレ!

“引き出物”を受け取る側の本音も探ってみました。まず、もらってビックリした引き出物を聞いたところ、非常に多かったのが「新郎新婦の写真・名前入り」のもの。捨てるのも気が引けるし、オークションやフリーマーケットにも出せないし、「ちょっとこれどうすりゃいいの!?」と持て余す代表格といえそうです。

また、もらって困る引き出物として、意外と多くの人が挙げたのが「食器」。“使えるから”ということで、引き出物に選ぶ新郎新婦が少なくありませんが、センスが合わなかったり、他の食器と合わせにくかったり、またマグカップ・ビールグラスなどは他にも多数持っているという声もみられました。

 

■女性が結婚したくなるのはどんな瞬間?

女性はいったいどのようなときに結婚したくなるのでしょうか?

結婚したくなるときで最も多かった意見は、「将来をイメージしたとき」で42.2%。2位は「友人・知人の結婚式に参列したとき」で34.8%、3位に「他人の幸せな話を聞いたとき」(29.0 %)でした。

また、4位の「働くのが疲れたとき」(25.6%)は、「1人でご飯を食べているとき」(12.4%)の倍以上の割合に。“おひとり様”はそこ楽しめるけど、ひとりで働き続けるのは辛い……。そんな女性たちの声が聞こえてきそうです。

 

以上、「なかなか言えない結婚式出席者の本音」をお届けしました。

結婚式場のベルクラシックのサイトでは、同調査の結果が他にもいろいろ紹介されています。結婚を考えているかたや結婚式への出席を控えているかたはチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

「なかなか言えない結婚式出席者の本音」 – 株式会社ベルコ