自分のアレも子供のソレもパクッ!? 今どき「セレブダイエット」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

チョッと気を許した途端すぐに襲いかかってくるのが脂肪。そんな憎っくき脂肪に果敢に挑み続けるのが、我らがセレブです。

そこで、今回は海外情報サイト『Life & Style WEEKLY』と『MailOnline』より、一般人にはなかなか真似できない、セレブが実践するダイエット方法をご紹介します。

 

■1:パープルダイエット

マライア・キャリーが産後に挑戦したのが、パープルダイエット。パープルダイエットとは紫色の食物しか口にしないダイエットです。紫芋、ナス、紫人参、紫カリフラワー、ブルーベリー、プラムなど、アントシアニン成分が豊富な紫色の物だけを食事に取り入れます。

アントシアニンはポリフェノールの一種で、紫色の天然色素です。もともと植物が紫外線から身を守るために蓄える成分なので、抗酸化作用がありアンチエイジングにも優れています。血行を促進する作用もあるので、お肌のトラブルを予防しハリ・ツヤにも効果を発揮するといわれています。

野菜とフルーツだけを摂取することによってカロリーは制限され、アントシアニンで美肌も狙えます。モテ力アップのためにやってみる価値はありそうですね!

 

■2:胎盤ダイエット

人気海外ドラマ『マッドメン』のジャニュアリー・ジョーンズが実際に試したのが、自分の胎盤を摂取するダイエット。自身の出産時に自分の胎盤を潰してカプセル状のピルにしてもらい、これで産後太りを解消したとか!

確かに昔の日本でも、産後に自分の胎盤を食べる風習があったと言われますが、なかなか勇気がいります……。

 

■3:ベビーフードダイエット

胎盤の次はベビーフードです。ジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーンが痩せたいときに食べているのがこれ。このダイエット中はベビーフード以外のものは食べちゃダメだとか。

ベビーフードダイエットの提案者は、日本でも大ブームを起こしたエクササイズDVD『ザ・トレーシー・メソッド』のトレーシー・アンダーソン。

「胃腸に負担のないデトックスで思いついたのがベビーフードダイエットだった」というトレーシー。

ジェニファーは映画でビキニ姿を撮影するために、このダイエットを実践したそうです。そもそも痩せる必要なんてなかったはずなのに、少しでも美しく見せようとする努力には脱帽ですね!

 

いかがでしたか? いやはや、まだまだ知らないダイエットってたくさんあるんですね……。すぐに実践するには難しいものもありますが、セレブ達のダイエットにかける根性だけは見習うべきところがありますね。

 

【関連記事】

憧れボディをゲット!海外セレブの間で話題のダイエットまとめ

安上がりで効果絶大!セレブの短期集中ダイエット3つ

知っておきたい「海外セレブのダイエット法」厳選7つ

※ 見せパーツは●●!男子会で「ヤリたい指名」される女子の特徴

※ もうバレバレ!「惚れた女にだけする」男のボディーランゲージ5つ

 

【参考】

Jennifer Aniston! Lady Gaga! 9 Stars Who Lose Weight in Some Pretty Weird Ways – Life & Style WEEKLY

Mariah Carey sheds her baby weight on the ‘purple diet’: New foodie fad encourages dieters eat only lilac produce – but is it really a healthy way to lose pounds? – MailOnline

 

【画像】

by Helga Weber