意外…缶コーヒーを飲むと「逆に眠くなる」ことが判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

インターネット上で実施された缶コーヒーに関するアンケート調査によると、缶コーヒーの飲用者は8割で、“週1回以上”飲む人は29%、男性では半数弱となっています。特に男性30~40代では、毎日1本以上飲む人が2割を超えているということが明らかになりました。(※1)

30~40代の男性で缶コーヒーの飲用が多いのは、仕事中の気分転換にコーヒーを利用する人が多いためでしょう。また、始業前に気合いを入れるために飲むという人も多いかもしれません。CMでも、サラリーマンに扮した人物が缶コーヒーを飲み干すシーンが使われることが多いですよね。

ところが、医学博士の姫野友美氏によると、缶コーヒーのなかでも砂糖の入ってるものは、かえって眠気を催したり、集中力を低下させたりする危険があるというのです。(※2)

 

■缶コーヒーでますます眠くなる原因とは?

姫野氏によると、砂糖は糖質のなかでも体に吸収されやすいため、砂糖入りの缶コーヒーを飲むと血糖値が一気に上がります。血糖値が急速に上がると、それを下げるために、膵臓からインスリンというホルモンが出ますが、今度は血糖値が下がりすぎてしまいます。

つまり、缶コーヒーの砂糖によって、血糖値が乱高下して非常に不安定な状態になるのです。

この血糖値が下がった状態のときに、人間は眠気に襲われます。すなわち、缶コーヒーを飲むとカフェインで一時的に眠気や倦怠感が薄れますが、その効果に持続性はなく、すぐに眠くなってしまうのです。

缶コーヒーによる一時的な覚醒効果が切れると、再びコーヒーや甘いものに手を伸ばしたくなりますが、そうするとますます悪循環。血糖値の乱高下を繰り返すことでついには血糖値の調整が効かなくなり、いつも頭がボーッとする低血糖症になってしまいます。

職場でちょっと一服したいときや、大事な会議の前などに缶コーヒーを飲む人は男女を問わず多いと思いますが、飲むとしても無糖・砂糖不使用のものがオススメ。“微糖”・“甘さすっきり”というタイプでも実はかなり糖分が含まれているので、油断は禁物です。

さらに、姫野氏によれば、朝食抜きで出勤し、缶コーヒーで間に合わせるというのは低血糖症につながりやすい最悪のパターン。

『男性の年収をアップする朝ごはんとは?』でもお伝えしたように、たとえどんなに忙しくても、朝食はしっかりとるように心がけたいものです。

 

■どうしても甘いものが欲しくなったときの対処法

眠気や倦怠感を緩和するのに、缶コーヒーは効果が薄いどころか逆効果ということはお分かりいただけたかと思うのですが、とはいえ、仕事中に口がさびしくなってしまう人は多いのではないでしょうか。

また、コーヒーは飲まない人でも、気分転換と称して飴やクッキーを頻繁を摂取していると、やはり低血糖症につながるおそれがあります。

では、仕事中にどうしてもコーヒーやお菓子など甘いものが欲しくなった場合には、どう対処すればよいのでしょうか。

一般的に、「甘いものが欲しくなるのは脳が疲れているから」などと言われることがありますが、姫野氏によると、脳のエネルギー源であるブドウ糖は、砂糖だけでなくタンパク質や脂質が分解されたものからも生成されるので、甘いものの代わりにチーズやナッツをつまむのが有効です。

また、いきなり“スイーツ断ち”するのが難しい場合には、摂取量を徐々に減らしていくように努めるべきです。具体的には、砂糖不使用の飲み物とお菓子とを組み合わせて、口の中に甘さが広がるようにゆっくり味わうようにします。(※3)

また、疲れた脳を休めるために、一度、パソコンなどのデスクワークから離れるというのもいいでしょう。社会人を対象に行ったアンケートでも、眠くなったら“まずはトイレに行く”というコメントが多く見られました。

可能であれば、オフィスの外に出て、新鮮な空気を吸うというのもいいかもしれませんね。(※4)

 

いかがでしたか? 缶コーヒーはかえって眠気をもたらすと知って、ちょっとドキッとしたかたも多いのではないでしょうか。

もし、あなたの彼氏や夫が最近なんだかボンヤリしている場合は、毎日どれくらいの缶コーヒーを飲んでいるのかぜひチェックしてみてくださいね!

 

【参考】

※1.【缶コーヒーに関する調査】缶コーヒー選定時の情報源は「テレビ番組・CM」がトップ、飲用者の36% | マイボイスコム株式会社 |

※2.姫野友美(2011)『成功する人は缶コーヒーを飲まない』 講談社+α文庫

※3.スウィーツ依存症 – goo ヘルスケア

※4.社会人は仕事中、眠くなることはないの?|フレッシャーズ報道|マイコミフレッシャーズ