そそられる?彼氏がいるのに「なぜかコクられる女性の特徴」4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

ルックスの良し悪しは関係なく、ずっとシングルで居続ける女性がいる一方で、ラブラブな彼氏がいるのになぜか他の男にしょっちゅう言いよられる女性もいます。

なぜこのようなズルイ状況が起きてしまうのでしょうか。今回は、男性の女性に対する行動をデータ分析していた元IQキャバ嬢の紫崎キラリさんに、彼氏がいるのになぜかコクられる女性の特徴をうかがいました。

「このような女性はふたつのタイプにわかれます。意識的に男を誘わせている女豹タイプ。そして、自分ではそんなつもりないのに誘われちゃう、ナチュラル・ボーン・モテなタイプ。

いずれにせよ傾向から特徴をつかめば、そのやり方をモデリングすることはできますよ」

 

■1:隙がある

「まず、こういう女性は隙があります。というか、隙だらけです。

たとえば、ひとり言が多い。仕事でPCに向かっていても、“んー……。あっ! あれー?”なんて誰に話しかけるでもなくしゃべっています。近くの男性が、“どうしたんだい?”と話しかけずにはいられないレベルです。

元気がないときは元気がない表情。悲しいときは悲しいムード。おしげもなく披露しますので、男性からかまわれやすいのです」

 

■2:フレンドリー

「また、男性に対して、普段から非常にフレンドリー。

目が合う前に必ず笑顔で挨拶するし、ちょっとしたコミュニケーションでも、どんなに疲れていても男性を無視したり、冷たくすることはありません。

声をかけたら絶対にポジティブな返しをするので、パブロフの犬のように男性は誘いやすくなっているのですね」

 

■3:露出が激しい

「悪びれもなく露出します。あざといのが、あまりセクシー系の格好に見えないのにボタンのあきが大きい。透けている。サイズが小さい、あるいは大きい……。

セクシーというよりエロチックな格好を心得ています。

男性がアクションを起こすのは、理性が本能をおさえきれなくなったときが多いのですが、この“男性の本能を刺激する”ということを非常に心得ているのです」

 

■4:言い訳しながら彼氏の悪口

「最後がコレ。誘われて男性と遊びに行ってしまったとき、“いい人なんだけど”、“悪いのは私……”などといいながら、彼氏のことをディスりまくります。

“そんな男、もう別れなよ!”ってレベルのことをいいつつ、“でも悪いのは私なの”。

スマートな女性が毅然と避けるこの話法を、平然とやってのけます。

このテクのあざとさに気付くタイプの男性は“悪い女だな……”と思いつつ、悪い女好きが多いのでオチます。

気付かないタイプの男性は“いいコだなぁ”と思ってしまい、いいコが好きなのでオチます。

いずれにせよオトす凄いワザです」

 

いかがでしたか。つい男が誘いたくなる雰囲気を出している女性の特徴でした。マネするのははばかられるところもありますが、モテたい欲が強まっているなら、少し取り入れてもいいかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ 既読スルーじゃヌルい!? クールな男も悶える「焦らしテク」2つ

※ あえてディスる!? 社会人カレが思わずオチる「飲みデートテク」5つ

※ もうバレバレ!「男が惚れてる女に送るLINEスタンプ」特徴4つ

※ そそられる?可愛くないのに「なぜかヤリたくなる女性の特徴」3つ

※ もうバレバレ!「惚れた女にだけする」男のボディーランゲージ5つ

 

【姉妹サイト】

※ もうバレバレ!注意したい「仕事ができない人」の名刺の共通点5つ

※ 白石麻衣はお好み!? 流行中の「病弱フェイス」アメリカ人の反応は

 

【取材協力】

※ 紫崎キラリ・・・指名してくれない男性の特徴を表計算ソフトでリスト化し、傾向を常に分析。その男性が選ぶ嬢の着ている服、メイク、性格、喋り方等すべての傾向をカテゴライズして徹底解析し、No.1に上り詰めた元IQキャバ嬢。

 

【画像】

by David Compton