メーク前3分で!ファッションショーでも使う「輝く肌」演出テク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

夏の終わりに直面する悲しい現実、それは日焼けして老化した肌……。顔全体が疲れてくすんでいませんか? 夏老化でくすんでしまった顔色をなんとか回復できないものでしょうか?

そこで今回は美容ライターである筆者が、ファッションショーでたびたび目撃したテクニック3つをご紹介します。

多くのメークアップアーティストがファッションショーの前にモデルに施すのは、“マッサージ”。そう3分でできるこのマッサージは本当にお手軽なんです。

 

■1:ファンデーションをつける前にオイルマッサージ

(1)美容オイルを数滴、手のひらにたらします

(2)オイルを手のひらになじませ、温めます

(3)オイルが温まったら、頬から顔全体にオイルを肌に押し込むように、手のひらで優しく押さえます

(4)両手の人差し指からくすり指までの指三本で、ピアノの鍵盤を叩くように柔らかくぽんぽんと顔全体をマッサージします

(5)最後にもう一度、両手で顔全体をそっと包み込みます

メークアップアーティスト曰く「これをやるだけで、顔のくすみがとれて顔色が一気に輝くんだよ。ファンデーションののりもよくなるし、ファッションショーでどんなに忙しくてもメーク前にこのマッサージはやるんだよね」。

やはり土台の肌色は大事なんですね。ぱぱっと艶顔になれるのでとっても簡単! 美容オイルは、ホホバオイル、オリーブオイル、スクワランオイル、ローズヒップオイルなど、ご自分の肌にあうものならなんでもOK。

 

■2:頭皮マッサージ

メーク前の頭皮マッサージも顔色を明るくしてくれます。

(1)両手の親指を耳の下につける

(2)他の4本の指でこめかみあたりから頭のてっぺん近くまで、指の腹で円を描くようにやさしくマッサージする

(3)両手を移動し、頭全体をマッサージする。頭の血流は下から上へと流れていますので、血流に沿って下から上へ、そっとマッサージして下さい

1分ほどで効果があるこの頭皮マッサージは、頭のコリや疲れを改善し、頭皮の血行をよくすることで顔色をよくし顔をリフトアップします。

 

■3:リップマッサージも忘れずに!

男が食べたくなるようなぷるぷる唇を演出するには、毎日のリップマッサージがオススメです。

(1)ワセリンやシアーバターなど(保湿力の高いリップクリームでも可)を唇の縦ジワに塗り込む

(2)サランラップでパックすること1分。パックしている間に、唇の中央から外へクルクルとらせんを描くようにそっとマッサージ

 

オイルマッサージで顔色を明るくつやつやにし、頭皮マッサージで顔をきゅっとひっぱり上げ、サランラップパックで唇をぷっくりうるうるにするこの3分マッサージ、いかがでしたでしょうか? いつものメーク前にひと手間かけて、この秋は“輝くモデル肌”で上質な恋をしましょうね!

 

【関連記事】

そそられる?可愛くないのに「なぜかヤリたくなる女性の特徴」3つ

アレをパックに!? 初対面のカレもびっくり「モテ肌作りの極意」

マヨネーズが活躍!? 夏疲れの髪や肌が喜ぶ「ほぼ0円美容」3つ

超意外!お豆腐やさん直伝「キメ細かいモテ肌の作り方」

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

 

【姉妹サイト】

※ 宴会で若返る!? 働き女子が選ぶべき「アンチエイジングな居酒屋メニュー」3つ

※ 凛とした美人に!沢尻エリカに学ぶ「負けない女メイク」3つの秘策

 

【画像】

by tommerton 2010