出会いはオンラインが主流!? 最新「ニューヨークの恋愛ルール」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

ニューヨークの恋。いい響きですよね。

本当に映画の1シーンのようなロマンティックな恋に溢れているのでしょうか。それとも、『Sex and the City』や『Gossip Girl』のような派手派手な男女関係が日夜繰り広げられているのでしょうか。

「成功している男と結婚したいならNYはいいと思います」とは、NYの情報サイト『NY女子会』を運営する涼川杏さん。

今回はリアルNYを知り尽くす涼川さんに、日本の常識とはちょっと違う“NYの恋愛ルール”を伺いました。がっつく前に、アウェイのルールを教えていただきましょう。

 

■ 1:出会いはオンラインが日常

「オンラインデーティングはみんなやっています。成功している人ほど遊びに行く時間がないので、イケてる男たちこそ使っていますよ。最近はアプリもたくさん出ています。

ただ、手軽だからこそ中にはエッチ目的だけの人もいるので注意も必要です」

日本だと、出会い系なんて…と抵抗がありますよね? でも、ここで注目したいのが“イケてる男ほど使っている”という点。NYならオンラインだろうが何だろうが、試す価値アリアリなのです。

涼川さんいわく、「いい出会いが欲しいなら、選り好みせずやってみるのが大事」とのこと。登録までの入力項目が長くて面倒くさいサイトは、マジメな人が多いのでねらい目だそうです。

 

■ 2:彼女は婚約手前

「NYでは、“彼女”になるのがすごい難しい。婚約手前くらいの意味があります。

結婚までには以下の段階を踏みますが、“Would you be my girlfriend ? (彼女になってくれますか?”と聞かれるまでは正式な彼女とは言えません。1.2の段階で、ちょっとエッチしたからって彼女ではないんですね」

1. Just talking(会話)

2. Dating(デート)

3. Girl friend(彼女)

4. Engagement(婚約)

5. Marridge(結婚)

暗黙の了解で付き合ってると思ってたら勘違い。自分が悲しい思いをしないためにも、知っておきたいルールです。

 

■ 3:入念なジャッジ期間

「デートは、まずはDrinkから。お酒を飲みながら“この女はいい女か?”と見定めます。ケチな男だとCoffeeですね。

ポテンシャルあるな、と判断したら、今度はDinner。NYだと1回の食事で2万はかかるので、奢ってまで一緒にいたい女かを予めジャッジするのです。NYには若くてキレイな女性が集まっているので、男性も選択肢が多いと思います。NYはDatingの街ですよ!」

まるで入学試験の足切りのようですが、いい男と付き合うためにはそれ相応の女性にならないと土俵にも立てないということですね。

「 特にNYは棲み分けがハッキリしているので、男性は仕事や学歴もちゃんと見ています。映画『メイド・イン・マンハッタン』(シングルマザーの客室係と青年政治家の運命の恋物語)がなぜあんなに支持されたのか? 現実ではありえない夢物語だからですよ!」

 

以上、“NYの恋愛ルール”をお伝えしました。

ニューヨークの恋。ロマンティックに見えて、水面下では意外とシビアな駆け引きがおこなわれているようです。

「自分の目で感じ確かめてみたい」という方は、ぜひ狩りに出てみてはいかがでしょうか。もしかしたら人生を変える出会いが待ってるかもしれませんよ!

 

【関連記事】

だからあしらわれる!「海外男子と恋愛したい人のNG行動」3つ

※ 一番繊細なアソコに優しいキス!? 「ロマンチックな朝演出」5つ

※ 簡単に許しちゃダメ!体目当てに近づく男を見抜くポイント3つ

日本人男性とはココが違う!外国人男性がチェックする女性の体のパーツ5つ

※ ここが変!外国人が見たとても奇妙な日本人女性の特徴  

 

【姉妹サイト】

※ なんと1位は…!気になる「愛妻家が多い都道府県」ランキングが判明

※ 何と6割も!オタク同士の恋愛を望まないオタクが多いことに驚愕

 

【取材協力】

 ※ 涼川 杏(すずかわ あんず)・・・NY在住7年。ニューヨーク生活を楽しむ日本人女子のための情報サイト『NY女子会』運営。NYの恋、お金、美をフリースタイルでつづった「婚活日記」も絶賛連載中。引き合わせたカップルは数知れず、合コン事情にも詳しい。日本に住む多忙な女性のための“ニューヨーク婚活ツアー”も開催中! お問い合わせはcontact@nyjoshikai.netまで。

 

【画像】

by kris krüg