電車通勤のOL必見! うっかり見逃している「出会い」がすぐそこに!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「運命の出会いなんて、映画やテレビの世界にしか存在しない」

「私のことを好きになってくれる人なんていないんだ……」

心の中で、つい物事を悲観的に捉えてしまってはいませんか?

今日はそんなあなたにおすすめ! 恋のネガティブ度をググッとプラス向きに変えてくれる素敵なショートフィルムを1本ご紹介していきましょう。

 

■“運命の恋”は、きっと毎日の通勤・通学にこそ潜んでいるのかも!?

物語は、一見何てことのないパリのメトロの風景に始まります。

黙々と読書している青年の隣に、若い女の人が一人乗り込んで座るだけ。たったそれだけのことで、何の共通点もない、見ず知らずの二人は“出会い”、その関係は予想外の展開へと発展していくのです。

電車の中でつい周りの人(特に異性)を観察してしまうなんて経験、誰にでも覚えがあるのでは?

20140903yukiti001

本作のタイトルは、『メトロのラブレター』。およそ8分間に及ぶ再生中、大きなハプニングは何ひとつ起こりません。しかしながら、そんなリアルな設定こそが本作最大のツボ!

隣に座った異性が自分と似た本を読んでいたら……。声をかける勇気はなくとも、なんとなく親近感が湧いてきますよね。もしかしたら、そこから何かが始まってしまうかも?なんて淡い期待も抱いてしまったり。

そんな電車の中でのちょっとした心の動きが、主人公の彼にも訪れます。そこで彼がとった予想外の行動は、まさに『メトロのラブレター』。

ですが、彼のラブレターは普通とはちょっと違います。パリならではのおしゃれな愛情表現に、キュンとくること間違いなし! こんなラブレター、反則です。

フランス・リモージュに生まれ、エジプト、メキシコ、トルコなど 様々な国で暮らした経験を持つGuillaume Martinez監督の初監督作品としても知られるこちらの作品。短い中にもギュッと濃縮された“未来への希望”が存分に伝わってくる一作となっていますので、仕事に恋に……ちょっぴり疲れた女性の皆さんには是非、ご自宅でまったりとご視聴いただきたいと思います。

 

日本の通勤OLさんたちも、眠っていた妄想を膨らませるチャンス!

上記ご紹介いたしましたショートムービー『メトロのラブレター』は、Web上で無料で観られる『第3回ネスレアミューズ映画祭』の作品です。わざわざ映画館まで出かけるのは面倒くさいという方でも、簡単に自宅のパソコン、携帯電話から見ることができて超お得なんですよ~。

また、本映画祭ではこれまで毎週、“切ないラブストーリー”“かわいい動物”“夫婦の愛”など、テーマを変えて世界各国のショートフィルムを配信して参りましたので、現在観られる作品はなんと30作品! 角度を変えて毎日日替わりで楽しむのも面白いかもしれませんね。

15日(月)からは、“出逢い”をテーマとした作品がもう1本公開されています。

あなたのお気に入りの映画を見つけてお友達や彼氏・家族と共有してみてはいかがでしょうか。

 

【参考】

※ ネスレアミューズオウチ映画館 – ネスレ(PC)

※ ネスレアミューズオウチ映画館 – ネスレ(スマートフォン/タブレット端末)