1日1回したい!男が「このコに包まれたい」と思う母性本能テク3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

実にさまざまなモテテクが世に広まっていますが、“母性本能”を利用するのは、最も効果があるのではないでしょうか。

なぜなら、この世の男性すべては必ずお母さんから生まれていて、その愛を感じない人なんていないからです。

そこで今回は、あなたの母性本能を上手にアピールし、男性が思わず「抱きしめて欲しい!」と思わせる方法について紹介したいと思います。

お話しを伺うのは、全男性の母ともいえる看護師の大木アンヌさんです。

 

■1:料理の腕を見せつける

「言うまでもなく、料理というのはその女性の強い母性本能をアピールする最高の手段です。

おふくろの味に近ければいうまでもありませんが、そうでなくともおいしい料理が作れるのなら、その男性にとって“将来のおふくろの味”を感じさせること間違いなしです。

おいしい食事には幸福を感じさせる効果もありますから。

休日のフットサルなどの際の差し入れ、ホームパーティでの持ち寄りなど、チャンスは少ないかもしれませんが、全力でアピールしましょう」

 

■2:お菓子をあげる

「男性は大人になっても少年らしさを心の中に秘めています。

大人になってもたまに駄菓子を買ってみたり、炭酸飲料を飲んだり、少年誌を読んだり、子供のころの習慣が抜けていないのは男性の特徴です。

そんな彼らに、“お疲れっ”の言葉とともに、あめやグミなどのちょっとしたお菓子をあげてみてください。

おいしさ、懐かしさ、糖分摂取による疲労回復すべてが、それをくれたあなたとセットになります。彼の中でのあなたの評価がその度にグイグイ上昇していくはず。

一日に一度くらいのペースであげたいですね」

 

■3:ちょっとした子ども扱い

「男性は大概プライドが高いので、馬鹿にされるのは嫌いです。

ですが、ほどよく子ども扱いされるのは大好きです。“お母さん”とのふれあいを感じるからなのでしょう。

残業をがんばっている男性には、“がんばってるね。いい子、いい子”と。

子供みたいな下ネタを言ってくる男性には、“もう、馬鹿だねぇ(笑)”等と言ってあげると喜びますよ。

決して馬鹿にせず、それでいて微笑ましく見守るような母の態度が大切です」

 

いかがでしたか?

モテへの近道は、母性本能。

自分の中に眠る母性本能を最大限引き出しそれをアピールしていくことで、彼は、ずっとあなたの優しさに包まれていたくなること間違いなし。

「毎日みそ汁作ってください!」なんてドラマみたいな告白を受ける日も、遠くはないはずです。

 

【関連記事】

※ あなたの彼はどう?女医が教える「キスのうまい男」の特徴6つ

※ 見せパーツは●●!男子会で「ヤリたい指名」される女子の特徴

※ もうバレバレ!「男が惚れてる女に送るLINEスタンプ」特徴4つ

※ 一番繊細なアソコに優しいキス!? 「ロマンチックな朝演出」5つ

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

 

【姉妹サイト】

※ 苦手でも敬遠しないで!働くママが「義理の両親」に育児を頼むべき理由

※ 労力ゼロで年間約3万1千円達成!簡単すぎるちょっとした節約術

 

【取材協力】

※大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。ツイッターはこちら