「子供できたら仕事は…」はぁ!? 後になって変わる男のホンネ事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「子供できたら仕事は…」はぁ!? 後になって変わる男のホンネ事情

結婚か仕事か? 仕事か育児か? 多様な価値観が混在する世の中とはいえ、女性は男性よりも“選択しなければいけないコト”が多いですよね? あなたには、結婚後に望むライフスタイルがありますか?

そしてパートナーとなるイマドキ男子の理想は、専業主婦と共働き、どちらなのでしょうか。

今回はパートナーエージェントが実施した調査の結果を元に、男が理想とする妻の働くスタイルを探ってみました。

 

■未婚男性は“共働き”、既婚男性は“専業主婦”を求めている!?

20代~50代の男性1,000人に対して行ったアンケート結果では、“妻には専業主婦になって家事・育児を担当してほしい”と答えた男性が、未婚男性では10.4%なのに対し、既婚男性では29.6%もいました。

“専業主婦”を希望する既婚者が未婚男性よりも約3倍も多いとは驚きですね! このギャップは一体どういうわけなのでしょうか?

 

■年齢・年収が上がると妻には家にいてほしい!?

年収別調査をみると、年収300万円台の男性の18.6%が専業主婦を希望しているのに対して、400万円台は26.5%、700万円台は32.7%、800万円以上になると35.9%と、年収が上がるにつれ、専業主婦希望の男性が増える、という結果がでました。

未婚男性よりも既婚男性のほうが平均年齢が高いこともあり、年齢・年収が高くなるほど、専業主婦指向の男性が増える、と見受けられます。

結婚初期で子供がいない時期は妻が働くのを応援していたが、年齢・年収が上がり子供ができると妻には専業主婦になってほしくなる男性もいるのかもしれません。

とはいえ、全体の男性をみると、共稼ぎ(34.6%)、専業主婦(20%)、妻に任せる(18.7%)、専業主夫(2.5%)、わからない(24.2%)という数字が出ています。総体的にみると共働きする妻を望んでいる男性が一番多いようですね。

 

■仕事しながら家事・子育ては、やっぱり無理だった!?

まだまだ男性の育児休業取得や時短勤務は珍しいのが現状です。結婚前は「家事・育児もやってやるぜー!」と思っていたけれど、実際やってみたら「俺、無理……」となってしまった男性もいるのではないでしょうか?

女性も同じですが、特に初婚だと、男性も結婚前と結婚後では価値観が変わる人もいるのでは。“基本はお金のことも考えて共稼ぎしてほしいけど、事情によっては専業主婦になって家事・育児に専念してほしい”と密かに思う男性が案外多いのかもしれません。

 

イマドキメンズの価値観もなかなか複雑。特に子供ができると人生観も変わるといいます。結婚前に二人の人生設計をきちんとすることが、息の長い結婚生活をおくれる秘訣なのかもしれませんね。

 

【関連記事】

当たってる!結婚の際の新たな目安「オトコの身長と経済性」

女と同じだった!男が「このコの子どもが欲しいと思う瞬間」5つ

瞬時にわかる!「本当に子ども好きな男性」を見抜く方法3つ

※ 「専業主婦と共働き」世間の男性が望んでいる結婚スタイルはどっち?

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

 

【姉妹サイト】

※ 働くママのエネルギー切れ回避!ワタシ時間を確保できる「家事救世主」

※ ぼっちに朗報!お一人様のおでかけ応援サイトが何やらスゴイらしい

 

【参考】

理想のパートナー像と、パートナーとの理想の関係 – パートナーエージェント

 

【画像】

by Kelly Sue DeConnick