> > 周りがイイ男だらけに!自分のストライクゾーンを広げる方法4つ

おすすめ記事一覧

周りがイイ男だらけに!自分のストライクゾーンを広げる方法4つ

2014/10/02 18:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

「私って、いっつも好みじゃない人からばっかり好かれるんだよねー」

こんなセリフを言ったことはありませんか?

もしもあなたが自分のストライクゾーンを広げれば、両想いのチャンスはもっと広がるはずです。

そのためにはいったいどうしたらいいのでしょうか?

今回は、どんな男性相手にも好意を持って接することができる現役キャバ嬢の秋田まちこさんに“好みのストライクゾーンを広げる方法”について聞いてみました。

 

■1:「面食い=ブス宣言」と知る

「まず自分が面食いなために守備範囲が狭い女性のみなさん。

面食いであるということは、ある意味自分のルックスにコンプレックスがあると認めることになる、と認識してみましょう。

美人な女性は、案外ストライクゾーンが広めだったりします。逆に、とても男性の外見にうるさい人は、見た目がイマイチなことが多いです。

ルックスを求めすぎるのはみっともない。この意識改革からはじめましょう」

 

■2:「学歴重視=バカ宣言」と知る

「同じように、あまりに“私はMARCH以下とはしゃべりたくもない!”といったようなことを公言しているのは、自分の学力に自信がないことを暴露しているに等しいです。

せめてもう1ランクほど下げて、日東駒専くらいまで手を出す覚悟でいきましょう」

 

■3:「金持ち好き宣言=自力のなさ」と知る

「最後はお金関係。

やたらと男性を、“¥”な目で見ているなんて、女性としてあまりに品がないと思いませんか?

それでは普通の男性も、近寄りがたいですし、あなた自身でも選択肢を縮めてしまっており、もったいないです」

 

■4:とにかく付き合ってみる

「これらの意識改革を終えたら、あとは実践です。

これまではちょっとボール球として見送っていた男性に対しても、積極的にバットを振っていきましょう!

“あれ、案外いける?”なんて思えたらしめたものです」

 

いかがでしたか?

好みの男性から好きになってもらえない。そんなときには、あなたの側からストライクゾーンを広げてしまえば、おのずと両想いになる確率もアップするはずです。

ぜひ試してみましょう。

 

【関連記事】

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

※ え…そこかよ!「ついに女子の裸を見たオトコ」が思うこと5つ

※ そそられる?彼氏がいるのに「なぜかコクられる女性の特徴」4つ

※ 正直…全員にモテたい!オトコが「あなたのファンになる」方法3つ

※ 女とは違うから注意!「実はオトコに言っちゃダメ」NGワード4つ

 

【姉妹サイト】

※ コンプレックスにさようなら!働きながらできる「バレナイ美容整形」4つ

※ 美の万能薬!? ミランダ・カーが毎日食べている●●がとにかくスゴい

 

【取材協力】

※ 秋田まちこ・・・東北生まれ北米育ち。帰国後、大学生をしながら水商売の世界へ(18歳~現在)。仏文学修士号取得後、新聞社などを経て現在代理店勤務。ごく一般的なOL生活をしながらも2014年5月に、Kindle版『キャバ嬢の淫乱的SEXライフ』を出版。

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'小川沙耶'の過去記事一覧