完全保存版!シャイでも自然にできる「ボディタッチテク」12個

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

恋愛においてボディタッチは非常に効果的だという話はよく聞きます。

しかし、実際好きな人がいても、いや、好きな人ほど意識してしまい、なかなかタッチするのは、はばかられますよね。

「アイコンタクトでさえ恥ずかしいのに、ボディタッチなんてとても……」というシャイな方も多いのではないでしょうか。

今回は、元IQキャバ嬢の紫崎キラリさんが、自身が活用していたテクニック・ノートより、ボディタッチの活用法を教えてくださいました。

「実際、私も男性に触るのは最初とても苦手でした。しかし、克服しようと思いたち、自分で効果的なタッチ方法を分類してからは、とても有効に使えるようになりました。きっとみなさんのお役にもたてるのではないかと思います」

 

■1:たたく

「たたく動作は、グー、あるいはパーを使い、ある程度のスピードと勢いで男性にタッチします。

瞬間的な動作ですので、仲良くなりはじめでも使えるワザです。

基本、相手から冗談っぽくバカにされたときや、相手がバカを言ったとき、やったときに使えます。

また、自分が大笑いしているのを誤摩化すときにも使えます」

 

■2:なでる

「主にパーを使い、男性の身体と自分の手を軽く重ねるようにし、数センチ動かします。

主に優しい気持ちを表現するとき、慰めるときなどに使います。

頭に使うと“いいこ、いいこ”になります」

 

■3:引っ張る

「相手の身体の一部分をしっかりと掴み、自分の方向へ引き寄せます。

強引さを表現します。話を聞いてほしいとき、どうしても呼びよせたいときなどに使います」

 

■4:なぞる

「指1本を使い、相手の身体をキャンパスとし、文字や模様を描きます。

実際に服にある模様をなぞってもいいし、書かれていないメッセージなどを書くこともできます。

相手に異性として好意をもっていることを暗に伝えることができる動作です」

 

■5:押す

「1のたたくと似ていますが、押すの場合、体重をのせて相手を自分から離れた方向へやります。

“私から離れてください”の意思表示ですが、それでいてボディタッチできるツンデレなワザです」

 

■6:もむ

「手の平を大きく使い、ゆっくりと相手の身体を2回以上繰り返しつかみます。

コッている部分に使うと、相手のコリがほぐれます。

優しさを表現しつつ、その意図はおねだりにあることを表現するときなどに使うワザです」

 

■7:こする

「手の平を使い、相手の身体を摩擦します。

寒いときにやってあげると、お互い温まります。

“もむ”よりも効果的なマッサージになるときもあります」

 

■8:つねる

「相手の身体を一部分を小さくつかみ取り、ひねります。

やられたほうは痛いので注意が必要です。小さな“怒り”と“親しさ”を表現できます。

本当に痛いので、親しい間柄にならないと、使用できないワザです」

 

■9:ひっかく

「爪をたて、相手の皮膚をこすります。

これは痛いですし、跡がついてしまうので、高度なワザです。

悪戯心、嫉妬、怒り、熱情などをあらわします」

 

■10:つまむ

「相手の身体の一部分を小さくもちます。

“恥じらい”を表現できる、女のコらしいワザです。

比較的、新しい関係においても使えます」

 

■11:しめる

「相手の身体の一部分をとり、圧迫します。自然と身体が強く密着するため、関係性を深めるワザです。

愛情、恐怖、喪失感など、感情が強まっていることを表現します」

 

■12:にぎる

「相手の身体の一部分を手の平だけで比較的強めにつかみます。

相手を信用する、受け入れる意思を表現することができます」

 

いかがでしたか。一口にボディタッチといっても色々な触り方があるのですね。自分が何を表現したいのか考えて、どうタッチするか選ぶとよいのではないでしょうか。

 

【関連記事】

※ 女とは違うから注意!「実はオトコに言っちゃダメ」NGワード4つ

※ 既読ムシよりツラい!LINEで「未読スルーさせない」裏ワザ4つ

※ 性欲の豆知識で逆算!オトコが「だんだん好きになっていく」テク 

※ 恐るべきエロ変換!普通なのに「なぜかオトコが興奮する会話」5つ

※ 1位はスケスケなアレ!男子が密かに発情するファッション5つ

 

【姉妹サイト】

※ セクハラよりツライ!男性社員の「親父ギャグ」への上手な対処法4つ

※ バストに悩む30代40代は75%以上も!今日からできる美乳習慣3つ

 

【取材協力】

※ 紫崎キラリ・・・指名してくれない男性の特徴を表計算ソフトでリスト化し、傾向を常に分析。その男性が選ぶ嬢の着ている服、メイク、性格、喋り方等すべての傾向をカテゴライズして徹底解析し、No.1に上り詰めた元IQキャバ嬢。

 

【画像】

Daniel M Viero