> > 腸の働きが良くない時に食物繊維!それって実は「間違い」かも…

おすすめ記事一覧

腸の働きが良くない時に食物繊維!それって実は「間違い」かも…

2014/10/22 08:00  by   | 自分磨き

「明日は大切なデートなのに……。

3日も便が出ない。お腹がパンパンでお気に入りのスカートが入らない、どうしよう……」

そんなとき、あなたならどうしますか?

便秘薬を飲む、マッサージをする、食物繊維の多い食材を摂取してみるなど、自身の経験からその時の対処法をお持ちの方も少なくないと思います。

しかし“食物繊維を摂取する”という行為は、実は場合によっては逆効果になるということをご存知ですか?

そこで、本日は、栄養士のおおたけちほが、便秘時に“摂取して良い食物繊維”と“摂取してはいけない食物繊維”についてご紹介します。

 

■食物繊維には2種類ある

食物繊維には、水に溶ける“水溶性食物繊維”と水に溶けない“不溶性食物繊維”の2種類があります。

“水溶性食物繊維”は、海草、お芋、野菜などに多く含まれています。

水に溶けるため、便を柔らかく保ち、体内の毒素を便と一緒に体外へ出してくれるんです。

“不溶性食物繊維”は、穀類、根菜、豆に多く含まれています。

水には溶けず、水分を吸収してふくれ、腸の壁を刺激。便通を促してくれます。

不溶性食物繊維の多い食品はよく噛む必要があるため、満腹中枢を刺激しやすく、食べすぎ防止効果もありますよ。

 

■“水溶性”と“不溶性”便秘に効果的なのはどっち?

どちらも、便秘に効果的そう!とお思いの方もいらっしゃると思いますが、実は、場合によっては、便秘を増幅させてしまうのです。

便秘の中にも、様々な種類があります。その中に、“けいれん性便秘”というものがあり、この便秘と“不溶性”食物繊維の相性は最悪! 逆に、便秘をどんどん悪化させてしまうのです。

この“けいれん性便秘”は、男性に多く、大腸が便を押し出す運動(ぜんどう運動)が活発になりすぎてしまい、“腸がけいれん”し内容物の移送が妨げられることで便秘になってしまう症状です。

特徴は、

“便秘と下痢を繰り返す”

“常にお腹に張った感じがある”

“便がコロコロと小さいものが出る”

“排便後もスッキリしない”

などがあります。

思い当たる方は、“不溶性”食物繊維である、根菜類などは避け、“水溶性”食物繊維である海草類を積極的に摂り、便秘を解消するよう心掛けると良いですよ!

けいれん性便秘は、放っておくことで、過敏性腸症候群というさらに重い便秘に陥ってしまうため、食事で改善が見込めない場合には、内科・消化器科・胃腸科を受診されてくださいね。

 

いかがでしたか? 迷った時には、海藻をたっぷり食べて、便秘解消! スッキリお腹で大切なデートにそなえましょうね!

 

【関連記事】

※ 知ってた?秋冬のダイエットには「ホット」なアレが欠かせないと判明

※ 心理学で判明!「フローラルの香り」がモテる意外な理由

※ なんで…私が!潔白でも「浮気女」と陰口たたかれる女の特徴5つ

※ 一番繊細なアソコに優しいキス!? 「ロマンチックな朝演出」5つ

※ つい無意識に目が…男性が好きな女性にやりがちな本能的アクション2つ

 

【姉妹サイト】

※ これなら貯まる!働き女子が絶対知っておくべき「賢すぎる貯金術」4つ

※ 意外!? 初お家デートで恋人がこっそりチェックするのはアソコだった

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'otake'の過去記事一覧