げっ…コレ私だ!オトコが実は引いている「依存女子」特徴4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

なんでいつも男性に逃げられちゃうんだろう……なんて考えている人は、実は相手に対する依存の方法が間違っているのかもしれませんよ。

依存の仕方を間違えると男性は引いてしまうこともあるんです。それが理由で破局なんてことになったら大変です!

そこで今回は恋愛カウンセリングサロン『ホールハート』の恋愛カウンセラー、高橋賢一さんに男性が引いてしまう依存の仕方を聞いてみました。

 

■1:行動を制限する

「相手の行動を制限するような依存の仕方は、男性が引いてしまう原因になります。制限の方法は禁止と強要の二つがあります。禁止とは、他の男性と会ったり、連絡を取ったり、話したりすることをやめさせようとすることです。

強要の方法としては、LINEや電話帳の中にある女性のデータを削除させたり、“メールの返事は何分以内に”などの条件をつけることがあります。このようなことをされると男性はコントロールされていると感じ、窮屈になり引いてしまうのです」

会社での女性との会話の禁止なんて簡単にできるわけではありませんよね。異性とみたらすぐに排除という方法は相手の心を離れさせていく原因にしかなりません。

 

■2:意思表示をしない

「デートのときに“何を食べたい?”と聞いても答えないなど、自分の意思を伝えないことも相手に引かれる結果になります。この場合嫌われるのが怖いという思いが裏にあることが多いです。

一見何でも合わせてくれて良いように見えるかもしれませんが、最初は良くても男性はだんだんつまらなさを感じてしまいます。人と付き合っているという感覚がなくなってしまうからです」

おしとやかで何でも素直に言うことを聞く女性も、実は依存の結果な可能性があるんですね。あなたに合わせるのがうれしい、という意思表示があると男性もうれしいのかもしれません。

 

■3:自分の生活が崩れる

「女性側が何でも合わせようとして仕事や普段の生活が崩れてしまう場合があります。これも男性からしてみると、重たい依存の状態になります。

女性の方は相手に嫌われないようにと必死になっているのですが、その必死さが伝わると男性は引いてしまいます」

付き合う相手によって服装や態度まで変わってしまう女性っていますよね。恋愛に夢中になるあまり生活まで変わってしまうようになると、男性は逃げていってしまいますよ。

 

■4:感情的になる

「彼に対して感情的になるという依存もあります。これは、彼を攻撃する場合と自分を攻撃する場合の2つのパターンに分かれます。彼を攻撃する方法としては言葉や暴力、メールの返事がこないことを問い詰めるなどです。

自分を攻撃するというのは、例えば自虐や自傷行為などで相手に罪悪感を持たせるという意識的ではない行動だったりします」

メールの返事がこないことで彼を疑うなどは、依存していなくてもあり得るかもしれませんが限度がありますよね。相手も1、2回なら許せるでしょうが、毎回では疲れて引いてしまうのも無理ないでしょう。

 

いかがでしょうか? 依存の形は色々とあるのですね。その中でも男性が引いてしまう依存をみてきました。あなたが知らないうちにしてしまっている依存はありませんでしたか? 彼と別れるはめにならないように注意してみてくださいね!

 

【関連記事】

もうバレバレ!「視線をたどるだけで見抜ける」本気な男のアプローチ

もうバレバレ!「惚れた女にだけする」男のボディーランゲージ5つ

もうバレバレ!「男が惚れてる女に送るLINEスタンプ」特徴4つ

つい無意識に目が…男性が好きな女性にやりがちな本能的アクション2つ

なんと浮気する男性は「顔に3つの特徴があらわれる」と判明!

 

【姉妹サイト】

※ ココを見て!面接で「いい会社かどうかを判断できる」チェックポイント4つ

※ もう失敗しない!夫の禁煙を成功に導くちょっとしたサポート術4つ

 

【取材協力】

※ 高橋賢一・・・恋愛カウンセリングサロン『ホールハート』代表。恋愛カウンセラー、心理セラピスト、産業カウンセラー。恋愛相談では「自分を好きになれるようなアプローチ」を得意とし、通算4800件以上のカウンセリング実績を持つ。恋愛全般、結婚や夫婦のお悩みの他、家庭や職場での対人関係など、コミュニケーションの円滑化、パートナーシップの改善、悩みを魅力に変える提案型心理カウンセリングを提供している。