> > それなら納得!「彼が手をつなぎたがらない理由」脳科学で解明

おすすめ記事一覧

それなら納得!「彼が手をつなぎたがらない理由」脳科学で解明

2014/10/20 21:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

付き合い始めの頃は彼のほうが積極的だったのに、最近、彼が手をつないでくれない……。

交際期間を経るにつれて彼が淡白になってしまうことに対して、モヤモヤしている女性は少なくないようです。スキンシップ好きな女性としては、彼の態度の変化は寂しい限り。彼の自分に対する愛情を疑いたくもなりますよね。

ところが、彼があなたと手をつなごうとしないのには、心変わりというより脳科学的な理由があったのです!

今回は医師・米山公啓氏の著書『オトコとオンナの説明書』(成美堂出版)をもとに、男性が恋人と手をつながなくなる謎を解明したいと思います。

 

■女性はなぜ彼氏と手をつなぎたがるのか?

彼と手をつなぐと心がほっと満たされるような感じがしないでしょうか? この現象にはセロトニンという脳内ホルモンが関係しているとのことです。

セロトニンとは安心感をもたらすホルモン。好きな人とのスキンシップによってもセロトニンは分泌しやすくなるといわれています。

ですが、米山氏によれば女性はもともとセロトニンが男性よりも不足しがち。しかも恋愛中は彼と離れているだけでセロトニンが減ってしまうのだそうです。つまり、女性のほうが心の安定を失いやすいといえます。

だからこそ、女性は彼と一緒にいるときにはセロトニン不足を補うために、彼と手をつなぎたくなるのだそうです。

 

■男性にとっては“手をつなぐ=侵略行為”!?

女性にとっては安心感が得られる“手をつなぐ”という行為。しかし、男性の感じ方は全く異なるようなのです。男性が手をつなぎたがらない理由について、米山氏は以下のように分析しています。

「男性は女性を独占するまでは、積極的にふるまいますが、自分のものだと判断すると今度は拒否的になってしまいます。

男性は自信にあふれる行動を取ることにより脳内でテストステロンという物質が増加しますが、このテストステロンのはたらきによって、自分の領土に入ってきて触られることを侵略されていることと同じように考えてしまうのです。

したがって、女性が恋愛中と思っていても、男性は急に冷たくなったように手をつなぐことを拒否するのです」

 

女性の好むスキンシップが男性にとっては“侵略行為”と感じられるとは驚きですね! あまりベタベタしようとすると彼からウザがられることになりかねません。

逆に、男性にとっては女性が手をつなぐことで安心感を求めているというのは想像もつかないのでしょう。ですから、彼とスキンシップをとりたいのであれば、たとえば夜道などで「あなたと手をつなぐと安心できるから手をつないでいい?」ときちんと言葉に出してかわいくおねだりするといいかもしれませんね。

 

【関連記事】

美女もとろける!「低スペックモテ男」のすっごい恋愛テク3つ

女になれたら●●したい!ニコニコ男子「1位も2位も3位もアレ」

嫌われてるとは限らない!? よくある「男の冷たい態度」を徹底分析

記念日なのはわざと?こんなに違う「パスワード管理」の男女差

自殺しやすいのはどっち?男女でこんなに違う「うつ病の症状」6種

 

【姉妹サイト】

※ これがプロの技!ラジオアナウンサーに聞く「本音を引き出す」3つのコツ

※ アレを「クチュクチュするだけ」で歯が白くなる話題のテクとは?

 

【参考】

米山公啓(2014)『オトコとオンナの説明書』(成美堂出版)

 

【取材協力】

米山公啓・・・1952年山梨県生まれ。聖マリアンナ医科大学卒業。同大学第二内科助教授を経て作家に転身。医学博士。専門は神経内科。東京都あきる野市の米山医院等で医師としての仕事を続けつつ、作家活動を行う。エッセイ、医療ミステリー、医学実用書など著作は多数。テレビ、ラジオなどの出演も多い。近著は『脳を強くする56の習慣』、『今日からできるボケない生き方』など。

 

【画像】

視也影像Seen Images

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'中田綾美'の過去記事一覧