> > 不幸な人生サヨナラ!離婚は「汚点じゃなくて出発点」なワケ5つ

おすすめ記事一覧

不幸な人生サヨナラ!離婚は「汚点じゃなくて出発点」なワケ5つ

2014/10/25 08:00  by   | 結婚

不幸な人生サヨナラ!離婚は「汚点じゃなくて出発点」なワケ5つ今や三組に一組は離婚すると言われています。しかし離婚した女性や、シングルマザーに対して、好意的な社会が未だに発展途上な日本……。苦労は数えきれません。でも、不幸なままの結婚生活を続けるくらいであれば、離婚は新しい人生のスタートになると考えてみませんか?

なかなか短絡的には決められない離婚ですが、一度決めたらクヨクヨせずに、離婚後に起こるハッピーな事柄に気持ちを集中させましょう。

そこで今回は、アメリカのウェブ情報マガジン『Maria Shriver』から、離婚がハッピーな出発点である項目を挙げていきます。

 

■1:離婚は底力のある女性にしかできない

今後、夫と別れて独身またはシングルマザーとして生きていくという決断は、経済面や世間体を考えるととても険しいもの……。

その辺りを覚悟して“離婚”をチョイスできる女性というのは、“女性”というジェンダーを超えて、一人の人間として“底力”を持ち合わせているのです。自分を認めてあげましょう。

 

■2:もう口論や喧嘩をしなくても良い

口論や憎み合いは、自分が考えている以上に、最悪のストレスの根源です。ましてや子供にとって、憎しみ合う両親を見ることは、取り払うことのできない精神的なトラウマになります。

そんな環境から解放されるということは、長い目で見て心身ともに健康的なのです。

 

■3:また恋愛ができる

恋愛は死ぬまでできるのが人間です。でも結婚していれば、たとえ愛し合っていない夫婦でも、不道徳な不倫と見なされます。不幸な結婚生活で“女”として自信を失くしていたアナタも、また輝きを取り戻せます。

 

■4:やっと自分の居場所ができる

生活費の貢献に応じて威張ったり、恩を着せたり、まるで「俺が養ってやっている」と言わんばかりの態度……。そういう旦那さんは少なからずいるようですが、立派な“モラハラ夫”です。

自分の生活を確立すればあなたが家主。自分や子供たちの居場所ができ、もう負い目を感じる必要がありません。

 

■5:誰が本当の友達なのか明確になる

結婚をしたらママ友等の新たな人間関係に浸かることになります。しかし、離婚のプロセス中や離婚後に明確になるのが、誰が“本当の友達”なのかです……。

旦那側につく人や、あなたを応援してくれる人、離婚したら疎遠になってしまう人、その辺の線引きが、シビアにはっきりします。

一度きりの人生、楽しい時間だけをうわっつらで過ごす浅はかな人間関係などは要りません。生涯の友人を見極める絶好の機会です。

 

いかがでしたか。北米では今でこそ、シングルマザーや離婚した女性に対してサポート体制が整い気軽に離婚ができますが、その陰には、思い切って自分を不幸にする元旦那から離れて、頑張ってきた女性たちの努力があるのです。

不幸な結婚生活による悲しみやうつ状態から解放されたら、多少大変でも未来は明るいはずです。

 

【関連記事】

※ あてはまったら要注意?「すぐ離婚できちゃう女性」の特徴4つ

※ 毎年離婚届を用意する夫婦に聞いた!「100歳までラブラブ」な恋愛術3つ

※ 格差なしが円満の秘訣?「学歴が近いと離婚率が低くなる」と判明

※ いま未婚男性が女性に求めている条件は「三等」と判明!

※ 未婚女性必見!「理想のダンナ」の絶対条件は●●と判明

 

【姉妹サイト】

※ 気をつけて!隠れて遊んでる「合コン好きな男性」の危険な5つの兆候

※ あなたは大丈夫?後輩から「嫌われる先輩・上司」自己診断テスト

 

【参考】

※ 10 Positive Things I Got Out of My Divorce – Maria Shriver.Com

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'tsubaki'の過去記事一覧