> > 先生ゴメンナサイ!「私たちこんな嘘つかれ…ついてます」事例5つ

おすすめ記事一覧

先生ゴメンナサイ!「私たちこんな嘘つかれ…ついてます」事例5つ

2014/10/30 12:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

先生ゴメンナサイ!「私たちこんな嘘つかれ…ついてます」事例5つ「嘘つきは泥棒のはじまり」だと子供の頃に習いましたね。ところが、大人になると「嘘つきは大人のはじまり」と言わんばかりに、嘘をつくのがどんどん上手になってしまいます。

まったく小学校の先生に申し訳ないことですが、今回は『リサーチプラス』が20歳以上の男女1,000名に実施した「嘘に関する調査」より、実際に男女間でどんな嘘をつかれ、つきあってるのかをご紹介します。

 

■1:身内を出す

<自分に気があると思っていた彼女が、飲みに誘うたびに「お母さんが来る」とか「教習所に通うことになった」とか「じんましんができた」とか様々な理由で断ってきたことを、結構後々まで気付かなかった自分が正直恥ずかしかった。>

みなさんも学校やバイトをさぼりたいときに仮病を使ったり、親戚の葬式と言って身内を何度も殺してしまった経験はないでしょうか。

恋人同士においても、急に「北関東の親戚に不幸が……」などのぼんやりした理由で予定をキャンセルされたら要注意。引き下がらず、具体的に聞き出してください。

 

■2:事実を塗り替える

<浮気されていて、1か月前からと言われたが、本当は2年前からだった。もう浮気がバレてるんだからくだらない嘘をつくな!!と思った。>

すでにバレているのに、さらに嘘を重ねて少しでも自分を良く見せようとするパターン。この期に及んでみっともないことです。

 

■3:モテたいがあまりに……

<彼氏がいるのにいないと男子の前で言っている友達がいました。もてたいのはわかるけど…。>

合コンで空気を読んでついてしまう「彼氏いない嘘」は許せますが、“モテたいがため”というのが引っかかります。これは女友達もなくす可能性があるのでリスクの高い嘘。彼氏がいようと男が狙いたくなるようないい女になれば、嘘をつく必要もなくなります。

 

■4:架空の恋人をつくる

<好みでない異性からアプローチらしきがあった時、架空の恋人を作って対処。>

毎回下手に理由をつけて断るよりも、ガツンと「(架空の)彼がいるから」と言ってしまったほうが手っ取り早いのかも。

 

■5:だって好きだから!

<好きな人と2人で話す時間が欲しくて、好きな相手を偽って(共通の友人の事が好きだと言って)、恋愛相談をするという名目で2人になる時間を作ってもらったことがある。>

こういう嘘、嫌いじゃない。という男性もいるのでは。このレベルの嘘は恋愛テクニックのひとつ?

 

以上、いかがでしたでしょうか。

男女間において、もはや嘘は武器のひとつ。ですが人間同士なので「騙されるほうが悪い」なんて言葉は通用しません。必要のない嘘で彼の信頼を失わないように気をつけてくださいね。

 

 【関連記事】

ヘタなのにヨカッタはNG!女が知らない「男につくとヤバイ嘘」

愛と道徳どっちが大事?「愛のホルモン」が人に嘘をつかせると判明

※ え…そこかよ!「ついに女子の裸を見たオトコ」が思うこと5つ

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

頼むから言うな!男が彼女に「嘘ついてほしい」と思っていること8つ

 

【姉妹サイト】

※ 実は男性より難しい!? 「女性部下」を上手にマネジメントするポイント3つ

※ 日本にいても油断大敵!爆発的に広がる「エボラ出血熱」米英の現状

 

【参考】

嘘に関する調査 – リサーチプラス

 

【画像】

by dualdflipflop

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'三井さおり'の過去記事一覧