ズッコーン!男が「彼女に言われたら立ち直れないセリフ」5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

ズッコーン!男が「彼女に言われたら立ち直れないセリフ」5つ言葉は凶器。たったひと言で彼を喜ばせることもできますが、使いようによっては奈落の底へ突き落とすことだってできます。特に本命彼女に言われたショッキングな言葉は、関係が終わった後も心の闇として残っていくもの。

そこで今回は、『Menjoy!』が男性500人に実施したアンケート「彼女から言われたら立ち直れない・立ち直れなかったセリフ」より、むやみに放つと男に大打撃を与えてしまう言葉をご紹介します(協力:クリエイティブジャパン)。

 

■1:人として魅力がない

「人間的な魅力がない」

「一緒にいても何も成長しない」

恋人といえど、結局人間同士のお付き合い。人間としての魅力は、長い付き合いを見据えるほど大事になってきます。男としての魅力以前に、人としてそそられない。凹みます。

 

■2:信用できない

「人として信用できない」

「別れるとき“ずっと信用してなかった”」

「あなたを信じた私が馬鹿だった」

一番信じてほしい人に信じてもらえないのは何よりも辛いこと。それが最後に告げられるなんてもっと悲しいですね。

 

■3:最低、クズ

「最低な男、生きてる価値もない男」

「クズを10回連続で言われたとき」

彼がよっぽどのことをしない限り出てこないセリフ。ただ普通にデートをしているだけでこんなことを言われたら、人間不信になりそうです。

 

■4:キモイ

「気持ち悪いし臭いから近寄らないで」

「生理的に受け付けない」

「キモオタ野郎と言われたことがある」

返す言葉もありません……。異性として見れない、が褒め言葉にさえ聞こえてきます。

 

■5:ハゲ

「さわらないでハゲやろう」

「おもいっきり禿げてるね」

「私に近寄らないで、若ハゲ」

もう聞くに耐えられません……。

以上、いかがでしたでしょうか。

内面は努力次第で変えようがありますが、“チビ・デブ・ハゲ”といった外見的な特徴をズバッと刺されると、そのダメージは計り知れないものがあります。これらの三大禁止用語は、たとえ彼とケンカしても怒りにまかせて口走らないように気をつけてくださいね。

 

【関連記事】

そのひと言で結婚ナシ!「男を急激に萎えさせる」女の発言トップ3

ホント?美人じゃない子が使えば「美人よりかわいく見える」セリフ4つ

これだった!男性が一度は言われてみたいトキメキセリフ8つ

女はコレたまんない!「男が本命にしか言わない」愛の言葉4選

※ 激ヤバ!「自宅デートで異性が萎える瞬間」トップ3

 

【姉妹サイト】

※ ノーモア沈黙!名刺交換の気まずさを回避する「すべらない会話ネタ」3つ

※ 数ヶ月待ち!アメリカで「高くてもバカ売れしている」パーカの秘密

 

【参考】

※ ボイスノートインターネットリサーチ – クリエイティブジャパン